無料の会員登録をすると
お気に入りができます

うわっ、意外に汚れてる!ソファのお掃除のコツ教えます

インテリア

ソファの汚れにはどんなものがある?

人はソファの上でお茶や食事、メイク、うたた寝など、いろいろなことをします。そのため、いろいろな種類の汚れが付着してしまいます。

・汗や皮脂、よだれ
・食べこぼし
・整髪料や口紅
・髪の毛
・埃やダニ

ちょっと数えただけでも、油汚れや皮脂汚れ、染料など、拭いたり、掃除機をかけたりしただけでは取れそうにない汚れがたくさんあります。しかも、ソファの素材は布製や革製、合皮など、素材もさまざまです。間違った方法で掃除をすると、シミになったり、かえって汚れが広がったりしてしまうことも。自分の家のソファに最適な掃除の仕方を知って、正しいケアをしましょう。

布製ソファの掃除には重曹が活躍

ソファカバーが取り外せる場合は、洗濯機で洗うことができます。ただし、素材によっては色落ちしたり、縮んでしまう場合があるので、洗濯表示をしっかり確認しましょう。それでも不安な場合は、クリーニングに出せば安心です。カバーを取り外せない場合は、以下の手順で掃除をしましょう。

【用意するもの】
掃除機/重曹/中性洗剤/乾いた布

1.掃除機で髪の毛やほこり、食べこぼしなどを吸い取る
見える部分だけでなく、背もたれと座面の隙間や、座面が取り外せる場合はその裏側なども丁寧に掃除機をかけましょう。

2.重曹をふりかける
重曹をソファの布の部分にふりかけます。アルカリ性の重曹には、汗や皮脂汚れなどの酸性汚れを中和して落とす他、消臭効果もあります。また洗剤とは違って、人にも環境にも優しいので、安心して使うことができるのもポイント。

3.そのまましばらく放置する
重曹に汚れを吸着させるために、数時間から半日放置します。できれば夜寝る前に重曹を振りかけて、一晩放置するのが理想的。

4.掃除機で重曹を吸い取る
汚れを吸着した重曹を掃除機できれいに吸い取ります。

5.中性洗剤でシミ汚れを落とす
食べこぼしなどのシミ汚れには中性洗剤を使います。ぬるま湯に中性洗剤を3~5%の濃度になるように入れて溶かします。できた洗剤液を布につけてシミ汚れを叩くようにして落としましょう。こすってしまうと、生地が傷んでしまうので注意を。

6.洗剤を拭き取る
シミが落ちたら、最後にぬるま湯に浸して硬く絞った布で叩いて洗剤を取り除きます。

合皮製ソファの掃除にはパックが効果的

合皮は汚れにくく、手入れがしやすいのが特徴です。以下の方法できれいにしましょう。

【用意するもの】
掃除機/衣類用中性洗剤/乾いた布3枚/キッチンペーパー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ