無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「やりたくないことはしなくていい」理由

ライフスタイル

わたしはこうなりたい! これを叶えたいし、これはしたくない! って。

そろそろ叶えてあげていいんじゃない? 小さなことからで良いんだよ。

あそこのハンバーグ屋さんに食べに行きたいってずっと思っていたけど、まだ行けてないな……って思うんなら、友だちに「ハンバーグ食べに行こう!」って声かけたらいい。

あのゴミ捨てなきゃ、と思っていたけどまだやってない……なら捨てちゃおう。もう自分で捨てたくない! と思うなら家事代行サービスを頼めばいい。

自分のやりたい、を無視しない。

自分の希望を無視しない。やりたくないことはしなくていい

「何がなんでもやってやる」癖をつけよう。やりたくないことはやらないでいいしね。

それでダメな人間になることは絶対ない。保証する。

だって我慢してることがなくて、楽しく生きてて、ご機嫌でいる人間が、害になるわけない。

人は生きていれば誰かのために絶対なれる。特にご機嫌な人間はそう。

存在するだけでいい。

「わたしはこんなに頑張っていて、あなたのためにこんなにしているのに!!」とキーキーしている人のほうがよっぽど害だよ。

他人に期待しない

もうひとつ大切なことがある。それは他人に期待しないこと。

理由は「自分の人生は自分のもの、他人の人生は他人のもの」とちゃんと理解する必要があるから。

その意識を持てるようになるには、他人に期待をしないことが大事。

本当の意味でその人に愛情と関心があるのなら、その人のやりたいことや希望をくみ取って、なんとかその希望を叶えてあげたいと思うし、邪魔はしないよね。

そして手伝うこともあるかもしれないけど、逆に“まったく干渉しない自由”を与えることも同じ愛。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ