無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「やりたくないことはしなくていい」理由

ライフスタイル

「こういう人になりたい」って思うことはある?

ふと綺麗な人を見たとき、優しくて天使のような人と話したとき、何もかもうまくいってるかのような人を見たとき、「ああいう風になりたいな」と思うかもしれない。

じゃあ実際に、しっかりと「わたしはこうなりたい」という目標、「なりたい自分」があったりする?

仕事は何をしていて、どんな人間性を持っていて、どんなお家に住んで、どんな友人と囲まれながら、どんなパートナーがいて、何を持っていて何をしていたいか。

ぱっと答えられるかな? ふと誰かを「いいなあ」と思うことはあっても、自分は何になりたいかとしっかり答えようとすると答えられないかもしれないね。

なんだか無難なことを言ってみたり「そもそもわたしにそんな希望はない」とか思うかもしれない。

でも、ほんとにそれでいいの? って思うの。

あまりに自分の希望を無視してない? なんだか流されるまま、妥協と諦めを重ねて“無”になってない? って。

もしね、今の現状でわたしとってもハッピー! って思うなら、心から「本当に良かったね!」って思う。だからここで閉じてオッケー。

何かがわたしに足りない! なりたい自分になりたい! って思う人はこの先も読んでね。

「自分の希望」ではなく応えてきたもの

あなたはこれまで、自分の希望に応えずにどうやって生きてきたんだろう。

なりたい自分になっていないからって、努力してない人かというとそんなことないんだよね。実はすごく努力家だったりする。

もしくは、「今までなんの努力もできなかった」と肩を落としている人もいるかもしれない。

そんな人たちに共通することがあります。それが「他人の期待にばかり応えてきた」ってこと。

他人の期待を自分の希望と勘違い?

例えば人生の最初に応えた期待は、親の期待だったんじゃないかな。子どもにこうなって欲しいという親の期待。

それが友人、恋人、先生、学校、上司、会社、世間……と、生きている時間が長くなるにつれて“こうあって欲しい”と要求してくる人が増えること増えること……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ