無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女子心を刺しにきてる。成城石井の冬ポルボローネは買わずにいられない

グルメ

秋冬の新作!成城石井のポルボローネ

Photo by muccinpurin

成城石井の人気おやつといえば、ホロホロ食感がたまらない「ポルボローネ」。

この記事でご紹介するのは、秋冬の新作で「北海道産えびすかぼちゃのポルボローネ」と「沖縄県産黒糖ときな粉のポルボローネ」という、北と南の恵みを使った2品。

師走のバタバタした時期こそひと息つく時間も必要、ということで、お気に入りのお茶片手にじっくりと味わってみました。

成城石井のポルボローネ2種

Photo by muccinpurin

右「北海道産えびすかぼちゃのポルボローネ」
左「沖縄県産黒糖ときな粉のポルボローネ」
各450円(税別)

これまでも数々のフレーバーを発売してきたポルボローネは、職人が手間暇かけておいしさを追求しながらレシピを開発し、 “成城石井でしか作れない” を求めた「desica(デシカ)」シリーズのもの。

今回のフレーバーもただのかぼちゃ、ただの黒糖じゃなくこだわりの素材を使うところに、desicaらしさを感じました。

北海道産えびすかぼちゃのポルボローネ

Photo by muccinpurin

まずご紹介するのは、渋めのからし色をした「北海道産えびすかぼちゃのポルボローネ」。

かぼちゃの生産日本一で知られる北海道で作られたえびすかぼちゃを厳選して使っています。ホクホクと甘いのが特徴で、お菓子作りにも適しているといわれています。

パッケージを開けたときのほんわかとしたかぼちゃの香りがとにかく癒し系。生地にはかぼちゃペーストを練り込み、表面にはかぼちゃパウダーをまぶした、とにかくかぼちゃ一色のポルボローネです。

Photo by muccinpurin

かぼちゃパウダーはそれほど甘みが強くないので、口に入れた瞬間は「ん……何味だったかな?」と思ってしまいましたが、噛むほどに生地に練り込まれたかぼちゃが本領を発揮し、気付いたころには口のなかがかぼちゃの風味でいっぱいに。

クッキーなのに甘すぎず、かぼちゃ本来の素朴な甘みを生かしているので、甘いのが苦手な方や子どもにも好かれる味だと思います。

ポルボローネ本来の特徴のように、口のなかでスッと溶けてなくなるというよりは、サクサクっとした歯ごたえのおかげで、これはこれで食べ応え十分。ほんのり和風味のポルボローネでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ