無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってる人は貯まる!やってはいけないお金のルール10

節約・マネー

漠然とした将来への不安。収入も上がらない、物の値段は上がる、年金はもらえなくなるかも……。日々、こんな不安を抱えた生活は、楽しくありませんね。少しでも不安を解消するには、お金の力を使う必要があります。そのためには、お金の知識を身につけなければなりません。これからは、お金が貯まらないどころか、減っていく可能性が高くなっているのです。最低限、知っておきたいお金のルールを紹介しましょう。

マネー知識の獲得が最大の生活防衛

QRコード決済や電子マネーなどキャッシュレスの波が押し寄せてきていますが、それでも日常で現金払いがなくなるわけではありません。そうなるとお金をおろすのに一番便利なのは、コンビニATMです。店舗数も多く、いつでもどこでもお金が引き出せます。

お金まわりでやってはいけないこと
でも……、ちょっと待ってください。お金を引き出すときに、手数料がかかっていませんか?

「ATMでお金を引き出すときに手数料を意識したことがなかった」、「時間外手数料がかかっても仕方がない」、「銀行ATM以外は手数料がかかると思っていた」。そんなあなたは、お金が貯まらない人から脱出できません。

お金は、貯めて、増やして、使うもの。お金を減らしてしまう行動をする人は、総じて同じパターンでソンを繰り返しています。自分の行動を見直して、まずはお金を減らさないことに注意しましょう。

お金には、やってはいけないルールがあります。どれもお金を減らさないためのルールです。何も難しいことではありません。これからご紹介する「やってはいけないお金のルール」で自覚症状がある人は、できることから改善していくようにしましょう。

【やってはいけないお金のルール10】
1 ATMでお金を引き出すときに、いつも手数料が引かれている
2 家賃などの振込で手数料がかかるのは仕方ないと思っている
3 クレジットカードの支払いはリボ払いにしている
4 夏冬のボーナス払いで買い物をする
5 会社帰りに毎日コンビニに寄る
6 特売日にまとめ買いをする
7 子どものために学資保険に加入するのは当たり前だと思っている
8 保険に加入していない、加入したら見直しをしなくてもよい
9 銀行を変えたことがない
10 普通預金にお金を入れっぱなし

挙げたらキリがありませんが、最低限ここに挙げた10個のうち、ひとつでも改善できれば、次々と自分のお金の使い方に疑問がでてくるはずです。1つも当てはまらないという人は、すでにお金の基本的なルールが身についている人。さらにブラッシュアップさせましょう。

「無意識のうちに減らしてしまうお金」は、一番もったいない

先に挙げたATM引き出し手数料が典型ですが、無意識だろうが、わかっていようが、ATMでお金を引き出すのに手数料を引かれるのは愚の骨頂。銀行の定期預金に100万円預けていても1年でもらえる利息はたったの100円(税引前)。ATM手数料でなくなってしまいます。それどころか、引き出すたびに自分のお金が減っていくということです。

基本的に、自分の口座がある銀行のATMや提携先のコンビニATMなら、平日の日中はほとんどの場合、無料で引き出せます(コンビニATMは提携内容による)。問題は平日夜や土日、祝日。忙しくて無料の間に引き出せずに仕方なく、という人もなかにはいるでしょう。でも、残高や取引内容次第で、手数料なしで引き出せる銀行もあります。該当していても手続きをしていないだけという人もいるはずです。日常的に使っている口座で特典がないか、きちんと調べましょう。

毎月の振込。家賃や子どもの塾の月謝など、いろいろな振込で手数料がかかっていませんか? 銀行が違うのだから振込に手数料がかかっても仕方ないと思っていませんか? ATM手数料と同じように、何も考えていなければ、銀行に言われるがまま、振込手数料を払うことになってしまいます。

しかし、一定の残高があれば月数回の振込手数料がタダ、もしくは手数料相当額がキャッシュバックされる銀行も数多くあります。今、自分が使っている銀行で振込手数料が無料になる条件は何かを、確認しておきましょう。

一方、マイナス金利政策の影響もあり、ATM手数料、振込手数料の改定が各金融機関で行われています。これまで無料だった手数料が有料になったり、無料になる条件が変更されていたりします。今一度、自分が日頃使っている銀行の手数料体系を確認しておくといいでしょう。

「先送りしたお金」は、ツケ=借金である

現金での支払いは、ポイントもつかないしもったいない。だからクレジットカードで支払う。という人も多いでしょう。使い過ぎに注意しなければいけませんが、使用履歴と家計をきちんとチェックでき、ポイントも有効に使えれば問題ありません。しかし、クレジットカードを利用する際に気を付けたいのはリボ払い。なかにはリボ払いにするとポイントが多くなるというクレジットカードもありますが、なぜポイントが多くなるのか考えてみてください。それはカード会社にとってオトクだからです。

毎月の支出を平準化できるからと、リボ払いを選択する人も少なくありません。一括払いなら現金と同じで利息はかかりませんが、リボ払いだと利息が発生しているのです。ムダなお金の使い方です。そもそもリボ払いを選択する人は、自分の現金支払い能力を超えて、次々と買い物をしがち。いくら平準化すると言っても、これでは支払いが膨らんで、いつまでたっても、支払いが終わらないことになります。

クレジットカードのリボ払いは、ローンを組んでいるのと同じと理解しましょう。

同じように、ボーナス払いで買い物をする人も注意です。リボ払いと違い、利息はかかりません。しかし、ボーナス払いは支払いの先送り。つまりツケ。借金を半年近く抱えているのと同じです。大型家電の買い替えなど、まとまったお金が必要なときに、便利な支払方法ですが、せっかくのボーナスが借金の返済に回り、楽しかったことの後始末に使われてしまうのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ