無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[食べてもやせる4つの魔法のルール]リバウンド知らずのダイエット方法とは?

ビューティ

食物繊維やオリゴ糖、発酵食品をプラス!

さらに、腸内環境を良くする食品である食物繊維やオリゴ糖、発酵食品などを取り入れるのもおススメです。これらは、1種類で食べても効果は期待できますが、組み合わせ次第ではさらに効果がアップしますよ。

・食物繊維
野菜(キャベツ・ほうれん草・ごぼうなど)、きのこ類(しいたけ・しめじ・えのきなど)、豆類(大豆・白いんげん豆など)、海藻類(わかめ・寒天・ひじきなど)に多く含まれます。

・発酵食品
ヨーグルト、チーズ、漬物、キムチ、納豆、みそ、塩麴、酢、しょうゆなどがあります。発酵食品は、調味料として日々の生活に取り入れれば、無理なく摂取できるのではないでしょうか。

・オリゴ糖
はちみつ、たまねぎ、ごぼう、大豆、にんにくなどに多く含まれます。

4.睡眠時間を確保する

寝ないと太る?

ダイエット成功へ導くと言われるホルモンは、質の良い睡眠をとることで多く分泌されると言われています。「寝ないと太る」とも言われるほど、睡眠はダイエットに関係しているのです。

ダイエットに重要なホルモン

「成長ホルモン」
代謝を促したり、やせやすい体質を作るために欠かせないホルモンです。「寝ないと太る」といった説があるように、睡眠不足により成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことで、太りやすくなることが明らかとなっています。

「コルチゾール」
体内の脂肪をエネルギーへと変えて消費する働きがあると言われています。また、海外の研究から肥満や太っている方ほど、コルチゾールのレベルが高いことが報告されています。

「レプチン」
食欲を抑える働きがあると言われています。ダイエットの成功の重要なキーポイントになると言えますね。

まとめ

魔法のルール、取り入れてみませんか?

食べてもやせる方法は、実はたくさんあります。ダイエット中は極端な食事制限や、ハードな運動をしがちですが、それがストレスになって挫折やリバウンドを招く可能性が高くなると言われています。
そこで、やせやすい体質を作っていくことが一番のダイエット成功の近道かもしれませんね。ぜひ、食べてもやせる魔法のルールを守って生活してみてください♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ