無料の会員登録をすると
お気に入りができます

隠れた無料見学スポット「旧公衆衛生院」が素敵すぎる!レトロ好きさん必見の超穴場建築へ

旅行・おでかけ

ほぼすべての場所が撮影OK!フォトジェニックな名建造物/港区立郷土歴史館

東京メトロ・白金台駅2番出口から徒歩約1分の場所にある「港区立郷土歴史館」。大きく立派な外観は、その迫力と美しさに圧倒されてしまいます。

建物自体は昭和13(1938)年、日本の公衆衛生の向上を目的とした研究機関「公衆衛生院」として建てられたもの。その役割を終えた後も、歴史的に貴重な建造物として保存・改修され、2018年11月からは「港区立郷土歴史館」を中心とした複合施設として活用されています。

「港区立郷土歴史館」では、港区の歴史や文化を紹介する常設展や期間限定の特別展・企画展は有料となりますが、うれしいことに建物見学なら無料で楽しむことができます。

まずは玄関口である2階の中央ホールへ。洗練された吹き抜けの空間が、エレガントな雰囲気を醸し出しています。

建物を設計したのは、東京大学の安田講堂の生みの親である内田祥三(うちだよしかず)。「内田ゴシック」と称されるデザインで人気を博し、数多くの名建築を設計した著名な建築家です。

館内の至るところに施された華美な装飾は、見ているだけでうっとり・・・!まるでタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな気分を味わえますよ♪

一部を除き、ほぼすべての場所が撮影OKというのもうれしいポイント。カメラを片手に散策を楽しむこともできます。

白金台という閑静で上品な土地柄同様、館内も静かで落ち着いた雰囲気。ゆったりと気ままに、ソロタイムを満喫してくださいね。

ここからは、館内の代表的なスポットをいくつかご紹介。

2階のコミュニケーションルームに展示してあるステンドグラスは、訪れた人がこぞって写真を撮るという人気のフォトスポット。陽光が反射してキラキラと輝くカラフルなガラスは、眺めているだけで華やかな気持ちになります。

4階へと上っていくと、2階とはまた趣きが異なる吹き抜けのホールが。こちらは、清潔感溢れるシンプルなデザインが印象的です。

同じ施設の中に多種多様な空間がそろっているので、いつまでも見飽きることがありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ