無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ゴロゴロしながら開脚上手!背骨のゆがみを整える3つのメソッド

ビューティ

股関節の柔軟性がアップ!背骨を真っすぐに整える準備運動

日常生活でクセがついた背骨や、骨盤のゆがみ、詰まりなどをプレワークで解消しましょう。背骨~骨盤、背筋のバランスを整え、積極的に股関節を動かすことで、開脚しやすくなります。

STEP1.背筋に意識を向け偏りやこりを感じる

まずは、背中を床につけて背筋の左右差をチェック。背骨を中心に、左右の筋肉のどちらかが収縮して硬くなっていたり、引っ張られる感じがないか、確認しましょう。違和感があれば、その部分に空気を送るように、骨盤底筋を締めて呼吸を繰り返して。筋肉のこわばりを解消し、背筋のバランスが整います。

やり方
脚を揃えて仰向けになる。膝を曲げ、両手で抱えて胸に引き寄せる。呼吸とともに背筋の左右差を確認。腰は床から浮かないように。

ポイントはあごを引く、力を入れず軽く抱える、背中を床に預ける、お尻は浮いてもOK
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

左右に転がり、背筋の状態をチェック!
小さく動いてOK。動きにくいほうがあれば元の姿勢に戻り、筋肉の緊張に呼吸を送って。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

STEP2.反発する力で股関節の動きを滑らかに

次に、膝に反発する力を加えて、股関節にアプローチ。膝と手を全方向から押し合うことで、ふだん動きの少ない股関節のソケット内部が刺激され、関節の滑りを良くし可動域を広げます。膝に力が入ると反り腰になりやすいので、おへそを背中に近づけるイメージで腰を床に下ろす意識をもって。

前後のストレッチのやり方

膝を上方に押し上げ、手で膝を押し下げる。膝と手を最大限の力で5呼吸押し合った後、最小限の力で5呼吸押し合う。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

上下のストレッチのやり方

膝上に手を当てる。膝を胸のほうに押し、手で逆に押す。膝と手を最大限の力で5呼吸押し合った後、最小限の力で5呼吸押し合う。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ