無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[コロナウィルス対策]先輩カップルに聞く 結婚式を安全に実施するためのポイント

恋愛・結婚

感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症が心配な状況ですが、結婚式を開催をされる決断をされたカップルもいらっしゃると思います。

感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症が心配な状況ですが、結婚式を開催をされる決断をされたカップルもいらっしゃると思います。

どうしてもかかってしまうキャンセル料の費用面や、妊活・転職など結婚を機に計画していたこともあると思います。
事情は様々なので、結婚式を延期・中止にすることも、実施することも、どちらもとても難しい判断ですよね。

今回は結婚式を実施するおふたりに向けて、安全に結婚式を実施できるよう、先輩カップルがどのように実施したか、流れや注意点をご紹介します。

結婚式を安全に実施するために①出欠席を改めて確認

当初出席する予定だったゲストにも、改めて出欠席を確認しましょう。

ゲストも参加したい気持ちは大いにあっても、コロナウィルスの状況を考えると参加が難しい方もでてきます。
特に遠方のゲストの方や、小さなお子様がいらっしゃる家庭は、なるべく人の多いところは避けたいはず。

結婚式は今までのお世話になった方へ感謝の気持ちをお伝えするところ。
残念な気持ちは新郎新婦もゲストも同じ。もし欠席になってしまう方が出てしまっても、結婚式以外の場で改めてお礼をお伝えしましょう。

➡招待客へ出欠確認する時の文例はこちら

結婚式を安全に実施するために②感情的にならない

とても大変な状況でいろいろと頭がいっぱいになってしまうこともあると思いますが、そんな時こそ一喜一憂せず、冷静に対処することが大切です。

結婚式をすると決めて、色々と準備をしてきた気持ちを考えると、今の状況はやるせなくモチベーションがなくなってしまう方も多いと思います。
そんな時は、なぜ結婚式をしようと思ったのか初心を思い出してください。

今までお世話になった方への感謝を伝えるため、親孝行をするため、などゲストのことを考えて結婚式をしようと決めた方も少なくないのはないでしょうか。
結婚式をすることが目的ではなく、日ごろの感謝を伝えるための手段であること。

出席する方への対応策を考える上で、冷静さを欠いてはいけません。
心配や不安に悩まされるのではなく、なるべく安全に実施できる対応策を考えましょう。

結婚式を安全に実施するために③結婚式場のプランナーと感染予防策の準備をする

改めて出席をしていただける方々へは、当日どのような準備をしているか事前に伝えてあげましょう。
そのためには、結婚式場のプランナーとの打ち合わせは必須です。

会場側で準備してもらえるもの、自分たちで準備するもの、それぞれ明確にしましょう。
結婚式に少しでも安心して出席してもらえるようにするのも実施を決意した新郎新婦の役割です。

ゲストも、どんな対策をされているのかを知ることで、出席する上での不安が解消されるはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ