無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あ〜ご飯作りたくない…なら業スー!包丁不要「おサボり系」絶賛おかわりコールに複雑!?

グルメ

キャベツの食感を程よく残すために、キャベツとエリンギは豚生姜焼きを炒める前に、先に少量の油で炒め、お皿などに出しておきます。

少量の油をフライパンに足し、豚生姜焼きを入れ、ほぐしながら炒め、輪切り唐辛子も入れ、しっかりと火が通ったら野菜を入れてさっと炒め、温かいご飯の上にのせます。

最後に温玉をのせたら出来上がり!

1袋で我が家の18歳息子と夫の二人分ができました。
女性と男性では食べる量が異なると思いますので、量は調節してくださいね。

サラダにON♪豚生姜焼きがドレッシング代わりに

豚生姜焼きをサラダの上にのせてみました!

作り方は超簡単!いつものサラダに、フライパンで加熱した豚生姜焼きをのせるだけです。

濃い味付けの豚生姜焼きですので、野菜と一緒にいただけばドレッシングいらず!レモンをたっぷりかけるだけで美味しくいただけます♪

包丁を使ったのは、トマトを半分にカットする時と、レモンをカットする時だけです。

作り方

1. レタスはよく洗いちぎる。

2. 豆苗は良く洗い、キッチンはさみで3~4センチに切る。

3. 人参はスライサーで千切りにする。ピーマンもよく洗い、スライサーで輪切りにする。

4. トマトは半分に切り、レモンもカットする。

5. 彩良く皿に盛り付け、最後に炒めた豚生姜焼きをのせたらできあがり!

レモンをたっぷりかけて、お好みでブラックペッパーを挽いていただきます!
豚生姜焼きの味が濃いので、いくらでも野菜が食べられてしまいそうでした。

半分になったところで、レタスを足していただきました!
温玉は作らなくてもスーパーにありますね。

業務スーパーの豚生姜焼きは、冷凍品でかなり日持ちがします。冷凍庫に忍ばせておくと、いざという時のお助け食材になること間違いなし!です♪

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ