無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんでいまそんなこと言うの?男性が「がっかりした女子」のセリフ3つ

恋愛・結婚

デート中、彼がポロっと言ったセリフが、頭から離れないことってありますよね。

男性も同様で、女子の一言に落ち込むときがあるみたい。トータル的には楽しいデートだったものの、インパクト大なセリフによって、モヤモヤが残ってしまうようです。

そこで今回は、“男性ががっかりした女子のセリフ”についてご紹介します。

「花粉飛んでてマジ最悪」

「前々から予定していたデート中、彼女が『花粉飛んでてマジ最悪』とポツリ。最初は心配していたけれど、ずっと『花粉ウザい』『○○くんは花粉症じゃなくて羨ましいわ~』と言われ続けて疲れちゃいました」(25歳/販売)

1、2回「花粉がツラい」程度なら、彼も「大変だな」と心配してくれるでしょう。

でも延々グチり続けるのはNG。どんどんその場の空気が悪くなってしまうかも……。

どうしてもツラいなら室内デートに変更してもらおうと、自分から提案をすべき!

もしここで彼が嫌がるようなら、「私はその程度としか思われていないのかな?」と判断できますよ。

「疲れた」「だるい」

「平気で『疲れた』『だるい』とか言う子はナシかな。『疲れたからいったんお茶しない?』なら全然いいけど!」(27歳/営業)

やはりネガティブワードは鉄板で嫌がられます。でもついポロっと言ってしまいがちなんですよね……。

それに「疲れた」だけでは、男性もどうしたらいいのか困ってしまうはず。

「脚痛いから座りたいな」「疲れたからちょっと休憩しよう!」など、次にしたいことを伝えたほうがスムーズですよ。

「普通に考えればわかるじゃん!」

「彼女にカフェオレを買ってきたのですが、どうやらミルクティーが好きだったようで。

『なんでこれにしたの? 普通に考えれば(ミルクティーだって)わかるじゃん!』と言われて落ち込んだことがある」(22歳/大学生)

おそらくこの女子からすると「彼女の好きなものくらい覚えておいてよ!」ってことだったのでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ