無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本初上陸♡パリジェンヌが愛するビオストア「ビオセボン」が本日オープン!

日本でもオーガニックへの関心が徐々に高まる中、ヨーロッパで100店舗以上を展開するビオストア「ビオセボン」が12月9日に日本上陸。新鮮な食料品からデリ、ワイン、コスメまで幅広く取り揃えた店内の様子をレポートします!

2016年12月
旅行・おでかけ

日本にもついに本格ビオストアが誕生!

これまでビオ(有機)の農産物や加工品は高くて敷居が高い、近くのスーパーにも売ってない、ということがほとんどでした。良いものなんだろうけど、日常使いするには手が出ない...そういう人も多かったのでは?

そんな多くの人の声に応えてフランスで生まれたのが「ビオセボン」。鮮度の良いビオの食品を手頃な価格で提供し、ヨーロッパ中で市場を拡大してきました。その日本一号店が、麻布十番に誕生します!

いざ、店内へ!

こちらが「ビオセボン 麻布十番店」の外観。ヨーロッパのお店と同じグリーンを基調とした明るく洗練されたデザインです。

住所:東京都港区麻布十番2-9-2
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線麻布十番駅 徒歩3分

店内に入るとすぐ手前には季節の有機JAS認定農産物を取り揃えるコーナーがあります。海外のマーケットのようなディスプレイがワクワクしますね!

量り売りのためのペーパーバッグも用意されています。普通のスーパーではなかなか置いていない有機のフルーツが豊富なのも嬉しいですね。

こちらは好きな野菜3種類と肉or魚、ドレッシングを組み合わせてオリジナルサラダが作れるコーナー(税抜880円)。お好みでパンもつけられます!野菜は旬のものを中心に、ビーツなど珍しいものも揃います。

対面キッチンのデリコーナーでは常時6種類ほどのビオ食材を使ったお惣菜を提供しています。店内にはイートインスペースもあるので小腹が空いた時に立ち寄るのもいいですね♡

お菓子や調味料、コーヒー、紅茶などフランス直輸入品を含む1,000種類以上のビオ認証商品をラインナップ。買い求めやすい価格のものが多くて、これなら日常使いできそうです!可愛いパッケージも嬉しいですね。

コスメや洗剤、キッズ用品のコーナーも

店内を奥に進んでいくと、コスメやサプリ、洗剤、雑貨を扱うコーナーもあり、こだわりのものをセレクトしています。国内外のオーガニックコスメを幅広く取り揃えていて、ちょっとしたギフト探しにも役立ちます。

日本でも人気のマルセイユ石鹸は、ここでしか買えない3パック詰め合わせのもの(1,080円)も販売されています。期間限定のセットなので、急いで!

本格コーヒーがプチプラで♡

セルフのコーヒーディスペンサーにも「ビオセボン」らしいこだわりが。4種類の有機栽培のコーヒー豆を焙煎後の鮮度にこだわり1杯150円で提供しています。コーヒーミルクは有機豆乳、お砂糖ももちろんビオです。

ビオワインも1000〜2000円台♡

一般の酒屋さんやスーパーではあまり取り扱われていないビオワインも、全世界の信頼のできるワイナリーから集めたワインを豊富に揃えています。中心価格帯は1,000〜2,000円台とテーブルワインにピッタリ。

BROWN SUGAR 1ST.も出店

有機エキストラバージンココナッツオイルで有名な「ブラウンシュガーファースト」の限定ショップも出店していました。バターの代わりにココナッツオイルを使用したカップケーキをこの場所で初お披露目しています。

乳製品、卵、白砂糖、香料、着色料、トランス脂肪酸オールフリーのヴィーガンカップケーキ。チョコ、ベリー、ココパイン、プレーンの4種類が揃います。おいしくてヘルシーで、なおかつ可愛い最強のスイーツです。

フランスの冷凍食品「ピカール」の店舗も

先日、青山骨董通り店、中目黒店にオープンしたフランスの冷凍食品ブランド「ピカール」も併設されています。美食の国で生まれただけあり、本格フレンチのお惣菜やスイーツ、パンなど冷凍庫に常備しておきたいメニューが充実♡

エスカルゴのブルゴーニュ風 980円

パセリやガーリックを効かせたバターの香り高いエスカルゴは、フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理。隣の「ビオセボン」でワインを買ったら、ぜひ「ピカール」の前菜も合わせてチェックしてみてください♡

食いしん坊のミニエクレア 1,480円

ピカール上陸後、インスタを中心に大人気なのがパーティにぴったりの華やかな4種類の味のミニエクレア詰め合わせ。半解凍でも、アイスデザートとしても楽しむことができます。

ピカール 公式サイト

普段使いできるビオストア

パリ生まれながら輸入品だけでなく、日本の有機生産者とのつながりを深めて消費者に良いものを、お手頃な価格で提供したいという想いを込めて生まれた「ビオセボン」の日本1号店。

店内のスタッフは、ビオの知識が豊富な方が多く勉強になります。ぜひ会話を楽しみながら、お買い物してみてくださいね。

ビオセボン日本版公式サイト
記事に関するお問い合わせ