無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おやつにもぴったりな牛乳寒天をつくっちゃおう♪牛乳消費で酪農を応援!

レシピ

カルシウムも食物繊維も豊富な牛乳寒天

牛乳寒天とは、牛乳にフルーツ缶を合わせて寒天で固めたもの。つるん! とした食感がたまらない子どもから大人までおいしく食べられるデザートです。

子どもの毎日おやつはどうしていますか?
袋菓子も美味しいけれど、せっかくなら体にいいものを、と願うのが親心?

そんなときは牛乳寒天がおすすめです。
寒天は食物繊維も豊富で、牛乳でカルシウムも積極的に取れますよ!
作り方も簡単なので、親子で作るのも楽しいですよ。

牛乳寒天の材料はこちら

【材料 4人分】
フルーツ缶(190g缶)1缶
(みかん缶でも)
牛乳 400ml
水 100m
粉末寒天 4g
砂糖 大さじ6

1度に400ml牛乳が消費できちゃいます!

さっそく作ってみましょう!

①缶詰のシラップを使うので、缶を開けて果肉とシラップを分けておきます。

②牛乳は耐熱容器に入れてラップをして、電子レンジ500Wで約1分加熱し、ひと肌程度に温めておきます。

③小さい鍋に水と粉末寒天を入れます。かき混ぜながら火にかけ、沸騰したらすぐ弱火にし、30秒~1分間加熱して火を止めます。

④③に缶詰のシラップ、砂糖、牛乳を加えて溶かし、よく混ぜ合わせます。

⑤グラス容器やボウル、タッパーなど、お好みの容器にみかんを均等に入れ、④を流し入れ冷蔵庫で冷やし固めます。

寒天は固まるのも早いので
ある程度時間がたてばOKです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ