無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“編み終わり”こそ大切♡ヘアアレンジの最後に使えるワザ&ヘアアクセ

編みこみやロープ編みなど、髪を編んだ最後にこだわると、おしゃれなアレンジになれるそうです。そこで編み終わりに使えるヘアアクセサリーを、ヘアアレンジと一緒にご紹介します。

2017年1月
ヘアスタイル

ヘアアレンジは最後までこだわって♡

“編み終わり”こそ格上げアレンジのチャンス

編み込みやロープ編みなど、ヘアアレンジは最後にこだわることでおしゃれに見せられるそうです。ゴムで結ぶだけではもったいないと思いませんか?とはいえ、手の込んだアレンジは難しそう…。

hair.cm

それなら編み終わりにヘアアクセをプラスするのはいかが?簡単なのにぐっとおしゃれに見せられます。そんな編み終わりにヘアアクセをプラスするヘアアレンジをご紹介します。

アップスタイルなら三角クリップ

スッキリとまとまるアップスタイルは、オフィスなどのかっちりコーデや、結婚式の2次会など華やかな着こなしにも合います。そんなアップスタイルは編み終わりに三角クリップを挟むのがおすすめです。

Media?size=l
instagram.com

個性的なアイテムなのでシンプルなヘアアレンジもおしゃれさが引き立ちます。

三つ編み×くるりんぱの簡単アップヘア

三つ編みとくるりんぱと簡単なアレンジを組み合わせたアップスタイルです。まず、サイドとバックに分けます。バックの髪をひとつ結びにして、くるりんぱしましょう。ほぐすとこなれ感UPです。

instagram.com

両サイドはねじってほぐし、後ろで結びます。下ろした髪を三つ編みにして、くるくるとまとめてピンで留めます。ぴょんと飛び出た毛を隠すように三角クリップで留めたら完成です。

ねじねじ×三つ編みのアップヘア

ねじって三つ編みにするだけの、さらに簡単なアレンジです。ハーフアップにするようにトップをくくって一つ結びにして、ほぐします。両サイドをねじってゴムで結び、つまんでほぐしましょう。

instagram.com

襟足の髪も左右両方ねじって、後ろで一つ結びにします。下ろした残りの髪は三つ編みにして、ほぐしてからくるくるとまとめてピンで留めます。後れ毛が出ないように三角クリップで留めれば完成です。

おしゃれな休日に。ゆるふわメッシーバン

ゆる~くまとめるメッシーバンなら、休日をおしゃれに過ごすアレンジとしてぴったりです。まずは両サイドの毛を後ろで合わせて一つ結びし、くるりんぱしてほぐしましょう。

instagram.com

下ろした残りの髪を、間隔を空けてゴムで結んでくるりんぱし、ほぐします。頭の上部分もほぐしましょう。毛先を最初のゴムの上から通し、お団子になった部分もしっかりとほぐします。

残りの毛先は巻き付けて、ゴムに巻き込み、三角クリップを付ければ完成です。

ゴムひとつで簡単サイドアレンジ

ピンを使わずゴムだけでまとめられるサイドアップアレンジです。まずは間隔を空けてゴムを結び、くるりんぱして、全体をつまんでほぐします。後頭部の左側に隙間を作り、毛先を入れましょう。

instagram.com

毛先をぎゅっと締め直し、全体をほぐしませば完成です。サイドにクリップをくくりつけ、コテで毛先に癖をつけたらこなれ感がUPします。

マジェステならどんなスタイルにもマッチ

ハット×お団子の大人っぽアレンジ

かんざし風で上品なヘアアレンジにしてくれるマジェステは、どんなスタイルにも合います。この季節ならハットと合わせる、低い位置で作るお団子ヘアはいかが?ゆるさを出すことで大人っぽくまとまります。

Media?size=l
instagram.com

サイドの毛を残して後ろを一つ結びにして、全体をほぐします。このとき後れ毛を出すとほどよくルーズに仕上がります。サイドの毛はねじってアメピンで留めて、ほぐしましょう。

instagram.com

下ろした残りの毛は三つ編みにしてほぐし、くるっと丸めてお団子にします。ピンで留めて固定しましょう。お団子部分にマジェステを付けて、ハットを被れば完成です。

ふわふわが大人かわいいアップスタイル

全体をふわふわに仕上げる大人かわいいアップスタイルなら、マジェステでさらに大人っぽいアレンジに仕上がります。まずはハーフアップするようにトップをとって一つ結びにし、くるりんぱします。

instagram.com

サイドを取って2つに分け、ぐるぐるとねじってほぐし、くるりんぱの下にくっつけて毛先をピンで留めます。反対側も同じように。下ろした残りの髪は2つに分けて、それぞれ三つ編みにしてほぐします。

アップにしてある部分に三つ編みをピンでくくりつけましょう。後ろにマジェステを付ければ完成です。

フィッシュボーン風くるりんぱアレンジ

ロングヘアさんをエレガントに見せてくれるフィッシュボーン。難しいアレンジですが、実はくるりんぱでフィッシュボーン風に見せることができます。サンゴのマジェステならアクセントにもなりますね。

Media?size=l
instagram.com

髪を低い位置でポニーテールにし、くるりんぱしてほぐします。間隔を空けてゴムを結び、くるりんぱします。ゴムの位置を下にずらしてさらにくるりんぱ。これを繰り返します。

instagram.com

髪は全体をつまんでほぐし、お好みの位置にマジェステを付けたら完成です。

リボンできちんとアレンジにマッチ

Media?size=l
instagram.com

リボンはシンプルなアイテムながら、上品に見せてくれる大人女子には欠かせないヘアアクセです。きちんと感のあるヘアアレンジと合わせてご紹介します。

ローポニーテールの上品アレンジ

ポニーテールを低い位置で結べばぐっと大人っぽくなります。まずは顔周りの毛を残しましょう。サイドの髪を少しすくって、2つに分けてねじります。

instagram.com

反対側も同じようにして、サイドの毛を後ろでまとめてほぐします。下ろした残りの毛をサイドと後ろの3つに分け、両サイドを結んでくるりんぱ。全体をほぐしてくるりんぱ部分にリボンを付ければ完成です。

ショート・ボブさんのアップ風スタイル

ショートやボブの方はアップスタイルができないと思っていませんか?実はねじることでアップスタイル風のきれいめヘアになれます。まず顔周りの毛は残して、サイドの髪をねじってピンで留めてほぐしましょう。

instagram.com

反対側も同じようにして真ん中にピンで留めます。トップ部分もほぐしましょう。ピンを隠すようにリボンを留めれば完成です。

王道ハーフアップできれいめ女子

デートのときの女性らしさを意識した上品スタイルにマッチするのはハーフアップです。まずはハーフアップするようにトップを取って一つ結びにし、くるりんぱしてほぐします。

instagram.com

顔周りの毛を残してサイドを取り、三つ編みにしてほぐします。後ろで三つ編みを合わせてゴムで結びましょう。下ろした髪はコテで巻き、ゴムの結び目をリボンで隠せば完成です。

ハーフアップを制すものは冬を制す♡あったか首回りのアレンジ12選

冬のヘアアレンジは首元まであったかいハーフアップにトライしませんか?そこでシーンに合わせたおすすめのハーフアップレンジをご紹介します。
7549

個性派ヘアアクセでオンリーワンスタイルに

丸クリップ×三つ編みで大人かわいく

シンプルなヘアアレンジも個性派なヘアアクセで自分だけのオリジナルスタイルになれます。たっぷり三つ編みに大人かわいいヘアアレンジには、キュートな丸クリップを挟むのはいかが?

Media?size=l
instagram.com

まずは髪をサイドと後ろに分けて、サイドの髪を三つ編みにして軽くほぐします。サイドの三つ編みと残った毛で、三つ編みになるように編んでいきましょう。三つ編みの三つ編みですね。

instagram.com

毛先まで編んだらゴムで結び、全体をほぐしてお好みで丸クリップを付ければ完成です。

アメピン×三つ編みでさりげゴム隠し

三つ編みの最後の結び目のゴムを隠すように、ピンで留めるというのもありです。縦に並ぶように留めれば個性が光りますよ。

Media?size=l
instagram.com

まずはサイドと後ろの髪に分けて、後ろの髪を三つ編みにして軽くほぐし、ゴムで結びます。サイドの髪は2つに分けて、ぐるぐるとねじってゴムで結びます。

Media?size=l
instagram.com

3つの髪の束で三つ編みにします。全体的にほぐし、ゴムの結び目にピンをくくりつければ完成です。

パールアクセ×ロープ編みローポニーのゆるヘア

低い位置でのロープ編みのポニーテール。ゆるさがほどよく、休日のラフなコーデとマッチしそうです。パールのヘアアクセを付けることで上品さもUPさせています。やり方はとっても簡単です。

Media?size=l
instagram.com

まずはハーフアップするようにトップの髪を取り、それを2つに分けてぐるぐると巻いていきます。両サイドの毛束も同じように2つに分けてねじねじ。

instagram.com

全ての毛束を合わせて低い位置にゴムで結びます。全体をつまんでほぐし、ゴムの位置にヘアアクセサリーを付ければ完成です。

ヘアアレンジは最後まで手を抜かないで♡

Media?size=l
instagram.com

ヘアアレンジは最後のひと手間としてヘアアクセをつけるだけで、ぐっとおしゃれに仕上がりましたね。いつものヘアアレンジの終わりにヘアアクセをプラスして、ステキなスタイルになりませんか?

記事に関するお問い合わせ