無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上司に意見を言うときに使いたいクッション言葉とは?

ライフスタイル

「差し出がましい」は、打ち合わせやメールなど、ビジネスシーンでよく使われる表現です。会話の潤滑油である「クッション言葉」として使われることもあれば、謝罪や忠告で登場することもあります。

「差し出がましい」という言葉はそもそもどういう意味を持つのか、どんな場面で使われるのか、類義語には何があるのか、確認していきましょう。

そもそも「差し出がましい」の辞書的な意味は?

「差し出がましい(さしでがましい)」の意味を辞書で確認すると、次のような意味です。

・「必要以上に、他人のことに関与しようとする。出過ぎた感じである」(小学館『デジタル大辞泉』)

・「分をわきまえずにでしゃばったことを言ったりしたりする様子だ」(三省堂『新明解国語辞典』)

「差し出がましい」の元は「差し出る」という動詞で、地位や立場を越えた言動をすることを意味しました。そこに接尾語「がましい」がついて形容詞になったものです。

本来の役割を越えて、しゃしゃり出てしまうことを意味するので、ネガティブなニュアンスの単語です。

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンにおける「差し出がましい」には、大きく3つの使い方があります。

(1)目上の人に対するクッション言葉

目上の人に対してお願いをするとき、また、目上の人に意見・異論を言うときに、クッション言葉として使います。失礼になりかねない依頼・苦言の直前に「差し出がましいのですが」と付けることで、遠慮する態度を示すのです。

なお、「差し出がましい」自体はただの形容詞で、敬意などは含まれないので、丁寧語「です」「ます」や謙譲語「申す」と組み合わせて使われます。

例文

・「差し出がましいお願いですが、改めてご説明いただけないでしょうか?」
・「差し出がましいようですが、議論が本題からそれています」
・「差し出がましいことを申しますが、現在のやり方を見直す時に来ているのではありませんか?」

(2)目上の人に対する謝罪

身の程をわきまえずに暴走したり、失礼な発言をしたりしたことを謝罪するのに使います。自分が間違っていたことを認める表現で、謝罪の言葉と合わせて使います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ