無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[すんごい掃除ワザ]歯ブラシの意外な活用法がコチラです

インテリア

凸凹に入り込んだホコリやススを絡めとりたいとき、狭いミゾをお掃除したいときに便利なのが歯ブラシやブラシです。歯ブラシは毛先が使い古されたものでもしっかり汚れを取れるので、おサイフにも優しいですよね! 今回は、歯ブラシ・ブラシを使った目からウロコのお掃除ワザを紹介します。

キャンドゥ
ツインブラシ
実勢価格:110円

では、掃除手順を見ていきましょう。

1.掃く/吸うを同時進行

ツインブラシでホコリをかき出しながら、掃除機で吸い込むように掃除します。こうすると、ホコリが機械に入らず、床にも散らばりません。

2.コード類も同様にケア

コード類をブラシで掃いていきます。コンセントの溝もあっという間にスッキリ!

[AV機器]掃除前

[AV機器]掃除後

ホコリまみれだったAV機器の背面ですが、ご覧の通り、元の色が見えるようになりました。

AV機器の汚れは火事の原因にもなります。ホコリが少ないうちはモップでサッと拭くだけでOKなので、ぜひ習慣づけてください!

掃除ワザ3:サーキュレーターは「静電気防止ブラシ」の出番

部屋の空気を循環させ、温度を一定に保つために使用するサーキュレーター。あると便利なアイテムですが、内部にホコリがたまりやすく、気づかないうちに部屋中にホコリをまき散らしていることも……。そこで活用したいのが、ブラシ&手袋タイプのぞうきんのコンビです!

▼使うのは「静電気防止ブラシ」!

タミヤ
モデルクリーニングブラシ
(静電気防止タイプ)
実勢価格 1760円

この静電気防止するクリーニングブラシは一家に一本あると便利です! では、掃除手順を見ていきましょう。

1.ブラシでカバーを掃除

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ