無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あえてピリ辛で着るのが色っぽい♡大人のプリーツコーデ見本帳

細かいひだが、歩くたびに揺れて優雅な雰囲気を作るプリーツスカート。トレンドということもあって、1枚は持っているという方も多いのではないでしょうか。甘めなイメージのプリーツスカートですが、時には辛めスタイルで楽しんでみませんか?

2017年2月
ファッション

実は“大人スタイル”に適したアイテム

プリーツスカートはフェミニンなアイテムだから…と、つい避けてしまっている方はいませんか?

zozo.jp

実は、プリーツスカートはカジュアルにもクールにも着こなせる万能アイテム。甘めスタイルが苦手な方にも、ぜひ挑戦してほしいスタイルをいくつかご紹介します。

アウターを変えてイメージチェンジ

単品では柔らかい印象のプリーツスカート。敢えて逆印象のアウターを合わせることで、甘辛ミックススタイルを楽しめます。

ライダースでクールフェミニン

wear.jp

ミドル丈のブルーのスカートを主役にした、ライダースコーデ。カゴがほどよいカジュアル感をプラスしてくれています。

ライナージャケットでプレッピーに

zozo.jp

流行のライナージャケットを合わせれば、大人プレッピースタイルに。

ダウンジャケットでバランスよく

instagram.com

まだ寒さが残る間は、誰でも1枚は持っているダウンジャケットと合わせてみて。すっきりしたラインのプリーツスカートとのバランスは絶妙です。

スニーカーでカジュアルテイスト

カジュアルに着こなしたいなら、足元はスニーカーで決まり!ニットやデニムのトップスで、軽快に仕上げましょう。

Gジャン×ボーダーの鉄板スタイル

wear.jp

合わせるものに迷うなら、まずはGジャン×ボーダーでお試しを。黒タイツと同系色のスニーカーで、脚長対策もぬかりなく。

デニシャツ&ニットベストの技ありコーデ

zozo.jp

これから注目していきたいのが、デニムを取り入れたコーデ。一見真逆のアイテムを、ロングベストで中和した大人スタイルです。

コンバース主役のニットスタイル

wear.jp

いつもならデニムパンツを持ってくることの多いニット&コンバーススタイルも、プリーツスカートに変えれば、おめかしスタイルに変身です。

バランス&丈で作る縦長ライン

ロングニットやスカートを活用して、大人の余裕を感じさせるラインを作るのもおすすめです。

ウエストマークですっきりと

wear.jp

チュニックやワンピを合わせたいときは、ベルトでウエストマークすると今年らしいスタイルに。

ショート丈トップスで脚長効果

zozo.jp

ロング丈のスカートにはショート丈トップスがよく合います。面積が多い分、シフォン素材など軽めの素材を選ぶのもポイント。

ロングニットをゆるっと着崩す

zozo.jp

流行のくすみ系カラーでまとめたコーデは、ロングニットを重ねて、エフォートレスに。

同系色コーデで差をつけて

おしゃれさんの間では常識となっている同色系コーデは、一緒に合わせるアイテムの選び方がポイントです。

ペールトーンで統一!上級者コーデ

wear.jp

グレーのトレーナーとミントグリーンのスカートを、コンバースでさらりと仕上げています。トレーナーとコンバース、同じテイストの中に挟むことでバランスをとった、上級者コーデです。

白が挿し色のブラックコーデ

api.shopstyle.com

ブラックだけだと重い中、タートルとシューズの白を挿し色にすることで、メリハリをプラス。

ガウンコートで中をちら見せ

zozo.jp

ガウンコーデは、敢えて中が見えるように着ると、垢抜け感が出るのでおすすめ。冬に挑戦したいグレーコーデです。

色・素材・柄で遊ぶ

人と違ったスタイルを楽しみたいなら、色や素材、柄で冒険して遊んでみませんか?

オールシーズン活躍のレオパ柄

zozo.jp

レオパ柄のシフォンプリーツスカートは、意外と合わせやすく、オールシーズン活躍してくれる一品。

これから注目の光沢素材プリーツ

zozo.jp

これから注目したいのは、レザー調やサテンなど、光沢のある素材を使ったプリーツスカート。鮮やかなイエローのサテンスカートは、春先も重宝します。

プリーツもアシメが流行の予感

zozo.jp

アシメが流行すると言われている今年は、プリーツスカートにもその兆候が。イレギュラーヘムの裾が楽しいスカートは、コーデにメリハリをつけてくれます。

大人ならではのスタイルを楽しむ♡

zozo.jp

組み合わせ次第で、いろんなテイストを楽しめるプリーツスカートは、1枚は持っておきたいアイテム。気分によって、いろんなアレンジでコーデを楽しんでくださいね!

記事に関するお問い合わせ