無料の会員登録をすると
お気に入りができます

断捨離で人生うまくいく!物を捨てられない人専用「迷わずグッバイ!5大不要品」リスト

インテリア

こんにちは、ヨムーノライターの内山愛理です。
生活系編集者として10年以上にわたり、キレイな部屋・汚い部屋を100軒以上取材してきました。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

断捨離で人生が好転する!

ここ数年は、断捨離やミニマリストなど「モノを捨てる」のが大ブーム。
断捨離することで、お金が貯まったり、家族円満になったり、やせてキレイになったりと、人生が好転する人をたくさん見てきました。

でも、そう言われても「なかなか捨てられない」「何を捨てれば?」という人も多いのでは?
そこで、ミニマリストや断捨離に成功した人たちに取材して分かった「今すぐ捨てていいもの」をご紹介。この5つは、何も考えずに捨ててよし!

「断捨離(だんしゃり)とは

不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこ(山下英子)さんの著書において発表されました。「断捨離」「クラターコンサルタント」は、やましたひでこさんの登録商標です。

捨てていいもの1:明らかにゴミ

片付けられない人の家に意外とあるのが、「明らかにゴミ」。

子どもが拾ってきた何かとか、どこかからもらったか忘れたリーフレット(しかも見てない)とか、昔もらったプリントやレシートとか…。

まずは、今の時点で「明らかにゴミ」と思えるものを捨てましょう。それだけで、家も気持ちもスッキリするはずです。

捨てていいもの2:賞味期限、使用期限の切れたもの

賞味期限、使用期限の切れたものは、迷わず捨ててOKです。

当たり前かと思うかもしれませんが、片付けられない人の家には、期限の切れたものがたくさん!使い切れていないのに買うから、物がどんどん増え、片付かない原因になっています。

賞味期限、使用期限が切れたものは期限が切れるまで使わなかったもの=必要がないもの、ということ。使わなかった自分を戒めて捨てるか、今すぐ使い切るか、選択肢はどちらかです。

捨てていいもの3:壊れたもの

意外に多いのが、壊れているのになぜか取っているもの。取っ手の取れた鍋、ヒビの入った保存容器、欠けたお皿。

使っていないけど、「いつか直して使おう」と取っている、というモノ、家に結構ありませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ