無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[部屋干し対策]決定版!梅雨どきの「イヤ〜な生乾き」解消!カラッと乾く「プロ技4選」

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノライター「家事代行ことのは」です。

毎日の家事のなかで、大変なことの1つに洗濯があります。

毎日晴れていれば何の問題もないのですが、日本の気候はそうはいきません。

特に梅雨の時期になると、部屋干しをする機会も多くなるはず。部屋干しで主婦の頭を悩ませるのが生乾き。

しかし、部屋干しでも洗濯物を「カラッ」と乾かす方法があります。それでは、どのように干せば、生乾きで頭を悩ませなくてもよくなるのでしょうか?

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

洗濯物を「カラッ」と乾かすための2つの条件

洗濯物を乾かすための条件は2つ。1つ目は湿度、2つ目は風です。

この2つがそろうと、洗濯物はとても気持ちよく乾くのです。

言い換えれば、室内干しであってもこれらの条件を満たせば乾くということになります。

まず、洗濯するときのポイントです。

脱水は、しっかりモードの脱水を選びましょう。

これだけで、洗濯物に含まれる水分量がかなり違ってきます。

干す場所は、各家庭の都合によって変わってくると思いますが、今から挙げる方法の、いずれか1つをオススメします。

・エアコンの下に干す
・扇風機(サーキュレーター)を近くに置く
・シーリングファンの近くに干す
・除湿器を近くに置く
・浴室乾燥機を使って干す

洗濯物の部屋干しテク1~エアコンの下に干す~

まずは、「エアコンの下に干す」です。

洗濯物に向けて除湿(ドライ)モードで動かすだけでも、洗濯物はあっという間に乾きます。梅雨のドライモード、夏場の冷房モード、冬場の暖房モードともに乾燥するので洗濯物がよく乾きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ