無料の会員登録をすると
お気に入りができます

焦ってイライラしたときの8つの対処法

ライフスタイル

(4)一発大逆転の魔法を求めやすくなる

早く何とかしたいと思い過ぎて、今の自分の状況が一気に解決するような方法を求めがちです。しかし実際にはそんな魔法なような方法はなく地道に取り組むしかないのです。

(5)心の余裕が無くなる

焦燥感に駆られているときは、何らかの不安を抱いています。心の中がネガティブな思いでいっぱいになるので、いつもなら流せるようなことでもイライラしたりしがちです。

焦燥感に駆られる8つの原因

なぜ私たちは焦りを感じるのでしょうか。焦燥感の原因を解説します。

(1)やるべきことに追われている

仕事や家のことなど、やるべきことがたくさんあって、時間に追われているときは焦燥感を覚えるものです。

締め切りがあるのに仕事が終わっていなかったり、トラブルが起きたりして対応に時間を取られていると焦りに拍車がかかります。

(2)やるべきことはあるのに、やる気が出ない

目の前にやるべきことはあるものの、「やりたくない」「全然やる気にならない」とき、私たちは焦りを感じます。やることは分かっているのに、動けない自分に対してイライラしてしまうのです。

(3)プレッシャーを感じている

周りからの期待に応えたい、むしろ応えなければならない、といったプレッシャーがあるときも焦りを感じます。

設定しているハードルが高過ぎると、「今の自分にできるだろうか」と、不安な気持ちが生じやすくなります。

(4)想定外の事が起きた

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ