無料の会員登録をすると
お気に入りができます

焦ってイライラしたときの8つの対処法

ライフスタイル

焦ったりイライラしたりと、気持ちが落ち着かないときは「焦燥感」に駆られている状態なのかもしれません。焦燥感とは一体何なのでしょう。また、気持ちを落ち着けるにはどうすればいいのでしょうか? 心理カウンセラーの高見綾さんに対処法を伺いました。

漠然とした焦りは、実体以上に不安が膨らみやすいので、焦りの正体を突き止めましょう。

何に不安を感じているのかを具体的に紙に書き出し、それに対して今から行動できることを3つ程度書き出します。やるべきことが見えるだけでも心は落ち着きを取り戻します。

(3)不安を煽る情報は見ないようにする

目的が無いままにテレビやネットを見ていると、ネガティブな情報から不安を煽られてしまうことがあります。

情報が欲しいときは目的を持って取りに行き、それ以外は見ないというように自分の中で線引きをしましょう。

(4)自分の緊張をほどく声掛けをする

「ちゃんとやらなくちゃ」というプレッシャーで焦っているときは、自分を追い詰め過ぎないことが大切です。

「まあ、やるだけやって駄目ならいいや」「とにかく楽しもう」など、緊張が和らぐような言葉を自分に掛けてあげましょう。

(5)好きなことをする

やるべきことはあるのにやる気が出ないときや、焦り過ぎて何も手に付かないようなときは、「今すぐはできないな」と割り切って、一旦自分の好きなことをやりましょう。

体を動かしたり音楽を聴いたり、お昼寝をしてみたりしてリラックスする時間を持つといいですね。

(6)信頼できる人に話してみる

焦燥感が募ってどうしようもないときは、思いきって信頼できる人に打ち明けてみましょう。話すうちに、今後のヒントが見つかるかもしれませんし、気持ちが整理されて心が軽くなるはずですよ。

(7)あえて何もしない時間を持つ

焦っているときは心の中が忙しいです。そんなときに冷静に物事を考えるのは難しいので、一旦何もしない時間を持ちましょう。例えば、空を見てボーっとする時間を5分持つだけでも心が落ち着いてきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ