無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大阪土産「551の豚まん」は通販できる!ベストな温め方とアレンジも伝授

グルメ

見てください、このもっちもちの皮とみっちりと詰まった具材を!ようこそわが家へ♪ 大阪に行かずに551の豚まんが味わえるなんで、ありがたすぎます。

筆者も大阪出張の際に店頭に並びながら手包みの様子を見ましたが、まるで機械のような素早い手さばきで美しく包あんされていたことを思い出しました。

Photo by muccinpurin

写真からも伝わってくるあふれ出す肉汁……!そして、551の豚まん独特のいい香り♪ 大阪帰りの新幹線でこの香りがすると、お腹が空くんですよね~。

具材がダイス状にカットされているので、肉汁も食べごたえも抜群!玉ねぎのやさしい甘さが豚肉の旨みをより引き出しています。

肉のよさを引き立ててくれる生地はもっちもちで食べ応え十分。コンビニの中華まんもおいしいけれど、本場のもちもち生地を味わってしまうと、あのふわふわでは満足できなくなりそうです。

風味抜群の自家製からし

Photo by muccinpurin

551の豚まんに付いてくるからし、実はこちらも自家製なのだそう。豚まんと相性のいい配合を目指し、添加物を入れずに毎日作るというこだわり派です。

ツンと鼻に抜けるいい香り……。豚まんの味を引き締めてくれる、なくてはならない相棒です。

もっとおいしく食べるためのおすすめアレンジ

本場ではウスターソースを付けるのが定番!

Photo by muccinpurin

関西のご家庭では、 “豚まんにウスターソース” はおなじみの組み合わせなのだとか。実際に試してみると、豚まんのパンチ力が一気に5倍くらいにアップ!

肉と相性抜群のウスターソースを付けることで、ガッツリ系の味わいになります。子どもや男子が喜ぶ味ですね。おつまみにもよさそう♪

大阪出身でアメリカに嫁いだ友人が常々「551が食べたい……欲を言えばウスターソースを付けて」と言っていたのを思い出しました。まさに、551の豚まんは大阪のソウルフードなんですね。

夏場はポン酢でさっぱりと♪

Photo by muccinpurin

実は毎年夏の間だけの期間限定で、自家製ポン酢が付いてくるって知ってました?関西在住の方にはおなじみですが、この期間にお店に行かないと出会えないので、知らない方も多いようです。

「暑い夏にさっぱりとおいしく豚まんを食べてもらいたい」という551HORAIの想いから生まれたポン酢添付のサービスですが、「ずっとつけてほしい!」という声も上がるほどの人気アイテム。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ