無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大阪土産「551の豚まん」は通販できる!ベストな温め方とアレンジも伝授

グルメ

551の豚まんはお取り寄せできる!

Photo by muccinpurin

大阪土産定番中の定番といえば、551の豚まんですよね。大阪観光や出張の帰りに駅や空港で買って帰った、なんて方も多いのではないでしょうか。あのお土産を楽しみに大阪に行く人も少なくないはず。

実はここ最近、SNS上で「新型コロナ感染拡大の影響で、通販事業を始めた」という噂が独り歩きしていました。以前から通信販売されていたのですが、この混乱であやまった情報が広まり、注文が殺到してしまったのだとか……!まさかの事態でスポットを浴びてしまいましたが、これではじめて通信販売を認知した方もいるのでは?

そこで改めて、551の豚まんを通販でお取り寄せし実食レポ!よりおいしく食べるためのちょい足し技もご紹介しますよ♪

大阪土産「551の豚まん」とは

Photo by muccinpurin

「豚まん」10個/1,900円、6個/1,140円、4個/760円、2個/380円(すべて税込、送料別)

551HORAIの前身となる会社の創業翌年に発売された豚まんは、その後実演販売などを経て、同社の看板商品に成長。デパートや近隣他県への出店を重ね、現在のように不動の人気を誇るヒット商品となりました。

ちなみに551は創業当時の電話番号だったことと、「味もサービスも “ここ” が “いち” ばんを目指そう!」という想いが込められているそうです。なるほど……深い!

すべて手包み。1日平均17万個を販売!

豚肉と玉ねぎをダイス状にカットすることで、口の中で肉汁が弾けるようなジューシーさを表現。あえて生地にほんのりと甘みを付け、具材のおいしさを引き立てているのだそうです。

一日の平均販売個数はなんと約17万個!おいしい豚まんを食べてもらうため当日生産当日販売をモットーに、職人さんがひとつひとつ手包みしています。

蒸し器がなくても大丈夫!

Photo by muccinpurin

蒸気が上がった蒸し器やせいろで約15分蒸すのがベストな食べ方ですが、なければ電子レンジでの調理が可能です。

豚まんを水にくぐらせてから耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて600wのレンジで約1分でふっかふかの蒸したてが再現できますよ。レンジによって多少加熱時間が変わるので、様子を見ながら調整してくださいね。しっかりと水分を補ってあげるのがポイントです。

ちなみに気になるカロリーは1個当たり292kcalです。

いざ、蒸したてを実食!

Photo by muccinpurin
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ