無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[どうして?]夕食よりも朝食をしっかりと食べたほうが良い理由3つ

美容
【お弁当箱に詰めるだけ】自分に合った食事量とは?

ポイント2:ゆっくりとよく噛んで食べる

先ほど紹介した食事誘発性熱産生ですが、しっかりと噛むことでも消費するカロリーが増えるといわれています。また、ゆっくりとよく噛んで食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぎ、膵臓から分泌されるインスリンの量が減り、太りにくくしてくれます。これは、インスリンが分泌することで、脂肪に溜め込む作用が増えるからです。

【今日からできる!】早食いを防止する方法とよく噛むことのメリット

まとめ

朝食をしっかり食べよう

今回、ドイツで報告された最近の研究結果を紹介しつつ、夕食よりも朝食をしっかりと食べた方がよい理由3つを紹介しました。今まで朝食を抜いていたり、軽くしていた方は、今回を機会に栄養バランスの良い朝食を始めてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「朝食をたくさん食べる人は、2倍のカロリーを消費する!?」(国立健康・栄養研究所)
https://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=69726&-lay=lay&-Find.html
(アクセス日:4月20日)

「食事誘発性熱産生 / DIT」(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html
(アクセス日:4月24日)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ