無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨の湿気は予防が大事!クローゼットの湿気対策[衣類・布団編]

インテリア

ポールに掛ける収納はゆとりを持たせて

ポールに掛ける収納は、湿気をため込まないようゆとりを持たせるようにしています。衣替えのタイミングで、しっかりと整理して着ている洋服だけのシンプルクローゼットにすることで、ゆとりある収納を実現できています。
また衣装ケースは、壁にピッタリとつけず、少しすき間をあけて置くようにしてています。布団と衣装ケースの間にはすのこも活用しています。そうすることで、クローゼット内の風通しをよくしています。

衣類カバーで消臭・除菌・カビ予防!

着る機会の少ないフォーマル着は、見えないニオイの素や雑菌、カビ菌をクリーニングできる100円SHOPの衣類カバーを活用しています。衣類カバーを活用することで、普段着と分けてしまうこともでき、型崩れなども防げるので便利。素材は不織布なので通気性もいいです。

布団収納は個別収納で管理しやすく!

季節の変わり目に行う寝具の入れ替え。オフシーズンの寝具の収納に悩まれている方は多いのではないでしょうか。我が家では布団収納ケースを活用して個別に収納しています。ケースを活用することで、片手でも取り出せ、面倒だった寝具の入れ替え作業の負担がかなり軽くなりました。ちなみに素材は不織布で竹炭入りのケースなので、湿気対策もバッチリです。100円SHOPの除湿シート一緒にしまっておけば、更に安心です。繰り返し使えるシリカゲル使用の除湿シートなので、コスパもいいです。
シーツやタオルケットなどコンパクトなモノは、100円SHOPのPPバッグにしまっています。こちらにも湿気対策に除湿シートを入れています。

除湿シートで衣装ケースの衣類を嫌なニオイやカビから守る!

衣装ケースの中には、100円SHOPの除湿シートを入れて、嫌なニオイやカビから守ります。こちらも繰り返し使えるシリカゲル使用のモノなので、コスパ良し!
衣装ケースの中も、詰め込みすぎないゆとりある収納で、湿気をため込みません。

1週間に1回30分、扇風機で風をあてよう!

1週間に1回30分、扇風機で風をあてるようにしています。また梅雨時期は扉は開けっ放しにしています。カビを予防するには、湿気をため込まないことが大切です。週末のルーティーンに組み込んで、クローゼットに湿気をため込まないようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ