無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男女で違う「おしゃれな女性」の特徴

ファッション

おしゃれな女性って、身の回りに一人はいますよね。男女それぞれの目線から見たときには、おしゃれの判断基準が違う場合も。今回は、そんな男女で異なる「おしゃれな女性」の特徴について、コラムニストのやまとなでし子さんに解説してもらいました。

男性は全体の雰囲気でおしゃれかどうかを判断しています。その人自身のイメージに合っているか、肌と服の色がマッチしていて明るく見えるか、サイズ感が合っているかなどの項目を、脳内で無意識のうちに「似合っていてかわいい」「おしゃれである」「艶っぽくていい」などとジャッジしているのです。

そんな判断基準なので、自分に似合うものがわかっている人=おしゃれである、と印象付けることができます。

女性ウケがいい「おしゃれな人」の特徴

一方で、女性から評価される「おしゃれ」とはどのようなものでしょうか。

細やかなトレンド重視

先に述べた男性とは真逆で、女性はファッションを頭の先から爪の先、果ては一つ一つの持ち物のブランドまで細かくチェックしています。

もちろん、闇雲にトレンドを取り入れてもそれはおしゃれさにはつながりません。流行への感度や情報収集力、それを自分のスタイルにうまく組み込むセンスが必要。

それらのファッション、持ち物、メイクやヘアスタイルなど、選び方のセンス一つ一つに対する総合的なジャッジが積み重なって、「おしゃれである」と認定されるのです。

色使いが上手

ついつい無難なベーシックカラーに逃げがちなコーディネートの中で、色を上手に取り入れている女性はおしゃれですよね。

トップスやスカートなどメインに色を持ってくるのはもちろん、アクセサリーやバッグ、靴といった小物で上手に色を利かせるには高度なセンスが必要。だからこそ、そんなセンスを持ち合わせている人を「おしゃれだ」と思うのです。

プチプラを上手に取り入れている

一歩間違えると一気に安っぽく見えてしまうのがプチプラのお洋服。上手にお得なものを取り入れて高見えさせている人は、真のおしゃれ。

安く見えないデザインや、生地感、色合いのものを見つけてくるのが上手だったり、いいお洋服の中にうまくコーディネートして倍くらいのお値段に見えるコーデに昇華させたりしています。

「それかわいい! どこの?」と聞いたときにプチプラだと、ちょっと安心すると同時に、妥当な値段感だと思わせないアイテムの選び方やコーディネート力の高さに、思わず脱帽してしまいますよね。

小物使いが上手

同じコーディネートでも小物があるとないでは、おしゃれさや高見え度が違います。ただし組み合わせ方によってはコーデがクドくなってしまうので、さじ加減にセンスが必要とされます。

例えばジーンズにTシャツといった究極にシンプルなコーデでも、バッグやアクセサリー、小物を上手に取り入れるか否かで、近所のコンビニスタイルか街へのショッピングか行き先が大きく違って見えるほど、その効果は絶大なのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ