無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大満足で即、追加買い!ワークマン「980円シューズ」優秀すぎて震える♪こんな神コスパ初めて

ライフスタイル

こんにちは、自称ワークマン女子でヨムーノライターふじいろです。

こんにちは、自称ワークマン女子でヨムーノライターふじいろです。

なにかと話題が絶えないワークマン。その中でも認知度急上昇中のプライベートブランド「ワークマンプラス」がありますが、実は他にもいろいろなシーンで展開しているプライベートブランドがあります。

ここでは、もうひとつのプライベートブランド「ワークマンベスト(WORKMAN BEST)」から、おすすめの「Wクッション キャンバスシューズ」と「レディースファイングリップシューズ」の2つのシューズについて、ガッツリご紹介します!

【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

Wクッション キャンバスシューズ 980円

日本テレビ系テレビ番組「スッキリ」(2020年4月9日)の『どっちが売れたでSHOW』で紹介された「Wクッション キャンバスシューズ」。

仕事の時に履くシューズが欲しくてあちこち探していたところ、たまたま寄ったワークマンで見つけました。最初は980円という価格に惹かれて飛びついたのですが、「ダメになったら、また買えばいいや」くらいにしか思っていませんでした。

使ってみて一番驚いたのは、その履きやすさ!
たくさん歩いても、全然足が痛くならないし、疲れなかったんです。

ワークマンが長年追求してきた履き心地の良さが詰まった「Wクッション」を採用しているので、「足が疲れにくい」「クッション性抜群」といった口コミも!

実はコレ、早くも2足目です。
1足目の使い心地とコスパに大満足してのリピ買いです。

そんな私が、実際に使ってみて感じたこのシューズのメリット・デメリットについてお伝えします。

メリット

幅広甲高で悩んでいる私にとって、靴幅が3E(EEE)というのは本当にありがたい!
ワークマンが押すクッション性も文句なし!

たくさん歩いても足が疲れないので、お散歩や長時間の移動の時には外せないアイテムです。

シンプルなデザインなので、カジュアルな服にはもちろん、きれいめコーディネイトにも程よいぬけ感が出るので、どんな服でもおしゃれに着こなせますよ。

デメリット

タン(シューズの甲の部分)にはタンシューホール(タンにある靴ひもを通す穴のこと)が普通のシューズよりもつま先の方についているため、急いで履くとタンが縮こまってしまいます。
注意していれば問題はないですが、慌てんぼうの私は、タンが折れ曲がったまま出掛けてしまうことも……。

あと、撥水機能がないので、お天気を見ながら履かなきゃいけないです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ