無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ要求されるとしんどい!女性に知ってほしい男心とは

恋愛・結婚

大好きな彼と一緒にいるのが嬉しくて、わがままを言ったり甘え過ぎたりしてしまう……。

「どうしたの」と聞くと「ちょっとは察してよ」と言われて、ますます意味不明な状態に突入。

いくら彼女のことが大好きでも、彼女が何故怒っているのか分からないのでは疲れてしまいます。

最初は「どうしたの、俺何かした?」と心配になるも、段々と面倒になって怒りを感じるようになってしまうようです。

男性の多くは「察する」のが苦手な傾向にありますが、女性は「察して手を差し伸べて欲しい」と思っている傾向にあります。

この分かり合えない橋をどう「渡りあえる」かが、二人のその後を左右するものです。

あまり「察してよ」お化けにならないように、話し合いの場を設けましょう。

「そんなに『好き』と言わせないでよ」

「私のこと、好き?」「愛してるって、言って」などと、愛情確認をしたくなることってありますよね。

でもこれ、あまりやり過ぎるとウザがられる可能性も……。

なかには「好きの安売りみたい」と、あまり言いたがらない男性もいるみたい。

むしろそういう人の方が、本当に相手のことが好きという場合もあるのです。

彼が「そんなに『好き』と言わせないでよ、照れるじゃん」と思っているようなら、あまり強要しないでおいてあげるのも優しさです。

でも「やっぱり『好き』と言って欲しい」と思うのも、女ごころなんですけどね!

男心を知って、彼ともっとラブラブになろう!

彼のことを大好きだからといって、自分の気持ちを押し付けてばかりの恋愛からは、そろそろ卒業しませんか。

相手を思いやりつつ、つき合っていければ、彼からもっと愛されると思いますよ。

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ