無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事で「受動的」が悪いとされる本当の理由

ライフスタイル

こんにちは、ヨダエリです。皆さんは、上司や先輩に「受動的だ」と叱られたことはありますか? 「そんな受動的じゃダメだよ」「もっと能動的に仕事してもらわないと」といった具合に。

……あります! とうなずいている人、結構多いのではないでしょうか。

と同時に、自分のどういうところが受動的なの? とか、受動的じゃダメなの? などとモヤモヤしている人もいるかもしれません。

そこで、そもそも受動的とはどういうことか。受動的だとなぜ叱られるのか。受動的でいるとどんな問題が生じるのか。などなど、仕事における「受動的」にまつわる疑問を解きほぐしていきたいと思います。

受動的とは

まずは、「受動的」という言葉の意味を改めて確認しましょう。

ネットで調べると、“自分の意志からではなく、他に動かされてする様”とあります。これは理解できますよね。ただ、それって悪いこと? と思う人もいるでしょう。だって、仕事って上から与えられた指示に従って動くことじゃない? と。

一理あります。言われたことを、そこからはみ出さずに行うのは間違いではありません。むしろ、まずはその姿勢が大切。でも、上司はあなたを叱ります。

その意味を探るべく、今度は『新明解国語辞典第七版』で調べてみましょう。「受動的」は載っていなかったので「受動」の説明を見てみると、“他から動作を受ける立場にあること”とあります。また、「的」は“それに似た性質を持つ”という意味です。

つまり、「受動的」とは、“他から動作を受ける立場にあるような性質を持つ”ということ。

……何が何やら、ですよね。でも私は、これを読んで、なるほどと思いました。というのも、この説明から上司の言わんとしているニュアンスが見えてくるからです。それを次項で詳しく説明しましょう。

上司は暗にこう言っている

上司は「君は受動的だ」とあなたを叱ります。受動的とは“他から動作を受ける立場にあるような性質を持つ”こと。つまり、上司のせりふに直すとこうなります。

「君は、他から動作を受ける立場にあるような性質を持っている!」

……チンプンカンプンですね。もっと状況に沿った言い回しに直してみます。

「君は、他の人から指示される立場であるかのように仕事をしている!」

……ハッ、としませんか。つまり上司は、「君は他の人から指示される立場ではないのに、そうであるかのように仕事をしている!」と言っているのです。指示されていないこともやるべき立場なんだから、指示以上のこともやってくれ、と。能動的に、つまり積極的に働きかける姿勢で仕事をしてくれ、と。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ