無料の会員登録をすると
お気に入りができます

《LUSH(ラッシュ)》オリジナルの風呂敷商品「Knot Wrap(ノットラップ)」で自分なりのアレンジを楽しんで

ライフスタイル

英国発のナチュラルコスメブランド《LUSH(ラッシュ)》。日本の風呂敷からインスピレーションを受けたラッシュオリジナルの風呂敷商品「Knot Wrap(ノットラップ)」は販売から10年目を迎えます。

英国発のナチュラルコスメブランド《LUSH(ラッシュ)》。日本の風呂敷からインスピレーションを受けたラッシュオリジナルの風呂敷商品「Knot Wrap(ノットラップ)」は販売から10年目を迎えます。

2020年7月1日からのレジ袋有料化にともない、エコバッグとして改めて注目を集めているのが、日本の伝統的アイテム「風呂敷」。「風呂敷」は江戸時代から衣類や小物を持ち運ぶ時に活用され、日本人には馴染みの深いアイテムです。一枚の布からひろがる無限大の可能性を秘める「風呂敷」の価値が見直されています。

使い方は無限大!ラッシュオリジナルの「Knot Wrap」

10年前に「風呂敷」からインスピレーションを受けて誕生した、ラッシュのオリジナル商品。ラッシュ発祥の地イギリスでは2009年から、日本では2010年8月から販売を開始し、繰り返し使えるギフトラッピングとして、またヘアバンドやエコバッグとしてなど、様々な活用法を楽しめるアイテムとして、たくさんの方に愛されてきました。日本では、過去に182万枚以上を販売。

また、「Knot Wrap」は、ペットボトルのリサイクルプラスチック素材(日本ではペットボトル60万本以上のリサイクルプラスチック素材を使用)からできているものや、インドのフェアトレードコットンや福島県いわき市のオーガニックコットンからできているもの、また、一期一会の出会いを楽しめるヨーロッパのビンテージスカーフ(12万枚以上)の商品を扱っています。

しずくバッグ

ヘアバンド

ショルダーバッグ

エコバッグの作り方

■しずくバッグ

1. Knot Wrapを裏返して三角に折る
2. 左右の角をそれぞれ一つ結びにする
3. 表に戻し、左右の結び目を内側にしまう
4. 残った上の端と端を2回結び、持ち手にする

作り方の動画

■ショルダーバッグ包み

1. Knot Wrapをひし形の向きで広げる
2. まず、左右の対角線上にある角を2回結び、包む
3. 残った上下の対角線上にある角は輪を作るようにして端を2回結ぶ

作り方の動画

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ