無料の会員登録をすると
お気に入りができます

赤身率に注目!コストコ「100%ビーフパティ」のおいしい焼き方と保存方法

グルメ

コストコで人気の商品といえば、なんといってもお肉。同社はアメリカ生まれだけあって、お肉のサイズも内容もアメリカン!なかでも「100%ビーフパティ」は、日本の商品にはなかなかないひと品です。ハンバーガーやBBQで豪快に食べたくなるような商品なんですよ。

ほかのスーパーで牛肉パテを調べてみたところ、1個の重さが100gで、価格は280円しました。だいぶ違いますよね。コストパフォーマンスの高さでは、コストコが圧勝という結果になりました。

100%ビーフパティのおいしい焼き方

1. 塩をふる

Photo by akiharahetta

おいしく食べるためには、まずは塩を振りましょう。「100%ビーフパティ」は味付けされていない牛ひき肉の塊です。下塩は必須ですよ。筆者は一回、すっかり忘れたまま焼いて失敗したので、みなさんはぜひ塩を忘れないようお願いします。

塩の量は1個に対してひとつまみがおすすめ。

2. 中強火で5分以上

Photo by akiharahetta

よく熱したフライパンに油をひき、パティを焼いていきます。ハンバーガーのパテを焼くとき、ミートプレスと呼ばれる重しを使うことがありますが、家庭では必要ないと思います。それに「100%ビーフパティ」はパティ自体の重さが充分あるので、押し付ける必要もないんです。

時間は中から強火で5分以上、まわりが白くなり火が通ったのを確認できたら、ひっくり返します。

3. 蓋をして弱火に

Photo by akiharahetta

ひっくり返して2~3分焼き、表面をしっかり焼き固めたら、弱火にして蓋をしましょう。蓋をすることで、パティの中まで火が通りふっくら仕上がります。先に表面を焼き固めるのは、肉汁や旨みが逃げてしまうのを防ぐためです。

ちなみに真ん中の穴は火の通りをよくするために空いています。実際に焼いてみるとわかりますよ。

4. 押して肉汁が透明ならOK

Photo by akiharahetta

蓋をして5分ほど焼くと、だいぶ火が通り、ほぼ焼きあがった状態になると思います。試しにターナーなどで軽く押してみてください。透明な肉汁が出てくれば中まで火が通っている証拠。もし肉汁が赤ければ、もう少し焼き時間を足してください。

焼き時間は両面合わせて15分ほどになりますが、極厚パティでもフライパンで焼けちゃうんですね。

しっかり焼けるプチ裏技

Photo by akiharahetta
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ