無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おばさん化注意! デート中面倒見がよすぎる残念女性

恋愛・結婚

相手のことを思いやり、気遣い、優しくするのは、決して悪いことではありません。ただ、ふさわしい「程度」があるのは事実。

デート中、相手の男性にアレコレやりすぎてしまうと、知らぬ間におばさん化している可能性も……。

男性が「そこまでしなくてもいい」と感じている例をご紹介します。

毎回ふたり分買ってくる

「コンビニに寄りたいといった彼女が戻ってくると、『はい、これ○○くんの分ね!』と、頼んでもいないのにジュースが……。断りはしませんが、毎回ふたり分買うクセがあるんですよね……」(25歳・男性・プログラマー)

頼んでいないのに、自動的にふたり分買ってしまうのは、どうもおばさんくさいと感じられるようです。

確かに、気遣いの気持ちはいいのかもしれませんが、一言「いる?」と聞くと、もっといい結果になるかもしれませんね。

口をティッシュで吹いてくる

「一緒に食事をしていると、『あっ』と彼女が言って、おもむろにティッシュを取り出し、口を拭いてくるんですよね……。たしかに、ソースがの周りについていましたが、自分で拭けます。

なんだか子ども扱いされてるようで恥ずかしいので、やめていただきたいです」(27歳・男性・会計士)

確かに、小さい子どもとお母さんでよくみる光景ですね。

面倒見がいいのか、それが彼女さんなりの気遣いなのかもしれませんが、やっぱり成人男性には控えたほうがいい行動でしょう。

「あ、お口についてるよ~!」と可愛く指摘してあげると、笑い合えるコミュニケーションにできるかもしれません。

子どもの成長のように褒めてくる

「彼女はよく褒めてくれます。それ自体は嬉しいんですが、『○○できるようになったんだね~! すご~い』と、なんだか褒め方がズレています。

これだと、まるでお母さんに褒められるちいさい子どものようで……。友達に紹介するときも、『○○できるところがすごいんだよ』と、自慢気で、恥ずかしい気持ちになります」(25歳・男性・大学院生)

なにを、どう褒めるかにも要注意。

お母さんと子どものようにならないためには、まず一人前の男性として見て、対等な関係であることを意識してから、言葉を選んでみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ