無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人気ベーカリー&カフェ「本日の」も併設!密じゃない一棟貸し切りの京町家宿オープン

京都に本社を置く下着メーカー「株式会社ワコール」が、2020年9月4日(金)に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所 竹屋町(きょうのおんどころ たけやまち)』を京都・丸太町エリアにオープン。1階にはベーカリー&カフェ『本日の』も併設され、話題になること間違いナシ。

旅行・おでかけ

最大4名で貸し切れる88㎡の京町家

丁寧に守り継がれてきた築130年以上の2階建ての京町家を、「ワコール」が一棟貸しの宿&ショップとしてリノベーション。延床面積は、88㎡(江戸間で約57畳)と最大人数の4人で貸し切っても、とってもゆったり。

1階には坪庭を囲んで、お風呂・洗面・トイレといった水回り、ベッドルームとライブラリーを完備。2階はキッチン、ダイニング、和室とトイレがあり、旅のひとときで京都暮らし気分を味わえます。

京都の観光スポットで、とくにグルメの人に喜ばれるのが京の台所と呼ばれる「錦市場」。イートインできるお店や屋台を出しているお店も増えていますが、昔ながらのお店は地元の人に向けて食材を売るスタイル。今までの旅行なら諦めていた京都の生鮮食品を購入して、自炊するのも一棟貸しの宿ならではのお楽しみです。

人気ベーカリーの新ブランド『本日の』を併設

こちらの宿が特徴的なのはベーカリー&カフェが併設されていること。『本日の』は、人気ベーカリー「パンとエスプレッソと」などを展開する「株式会社 日と々と」の新ブランド。地元の人たちも日常使いするベーカリーが一つ屋根の下にあることで、地域との繋がりを深める仕掛けになっています。

宿泊者限定の「本日のmorningプレート」もあり(モーンング付きプランを選択の場合)。通常のカフェやベーカリーは、宿泊者以外の方も利用できます。

敷地内にベーカリーがあるから、好きな時間に焼きたてパンを購入し、お気に入りの場所でブランチするのも自由!徒歩5分圏内にある自家焙煎珈琲の「mamebaco」や「ソングバードコーヒー」でコーヒーをテイクアウトすれば、オーダーメイドの京都の朝食のできあがり。

3カ月ごとに展示が替わる“泊まれるギャラリー”&「誠光社」ライブラリー

交流を生み出す仕掛けはベーカリーのみならず。新たな取り組みとして「京都芸術大学」の学内ベンチャー企業と連携し、京都ゆかりのアーティストの作品を宿とカフェスペースに展示。

展示されている作品は、オンラインで購入が可能で、“泊まれるギャラリー”としての楽しみを提案。
展示する作品は約3カ月ごとに入れ替わり、開業時には京都を拠点に活躍する若手作家、川上幸子氏の作品が7~8点展示されます。
新鋭のアーティスト作品と運命的な出会いがあるかもしれませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ