無料の会員登録をすると
お気に入りができます

周りから好かれる人の6つの特徴

人の懐に入るのが上手い人っていますよね。その人の周りはいつもにぎやかで、うらやましく感じることも……。心理カウンセラーの小日向るり子さんは、そんなふうに周りから好かれる人には共通する特徴があるといいます。どういったものなのか、詳しく伺ってみました。

ライフスタイル

気が付くと、いつの間にか相手と親しくなっている人、あなたの周りにいませんか?

そういう、懐に入るのが上手な人物の周りには、たくさんの人が集まり楽しそうに見えますよね。また、自分が孤独を感じている時などは、まぶしく思う存在だったりもします

今回は「人の懐に入る」ことが上手い人の特徴や心理を考察してみたいと思います。

「懐に入る」の意味

「懐に入る」という言葉の意味ですが、これは昔、着物を着ていた頃はそこに財布を入れていたことから「金銭を自分のものにする」という意味で使われることがあります。

人間関係において使う場合は「相手に気に入られてつながりを持つ様子」をいいます。したがって、懐に入るのが上手い人とは一般的には「相手に気に入られることに長けている人」という褒め言葉としての意味として使われますなります。

ただ、一方では「取り入る」という意味合いもあり、これは「自分が有利になるように力のある人に働きかけること」を指します。

つまり、他者に対して「あなたは懐に入るのが上手だね」と言う時は、そこに皮肉や嫌味が込められている場合もあるのです。

懐に入るのが上手い人の特徴

それでは懐に入るのが上手い人にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

(1)聞き上手

まずは、聞き上手であることが多いです。具体的には、相手の話を遮らない、否定をせずに共感して聞く、リアクションが大きい、といった様子です。

(2)褒め上手

会話の中に褒め言葉を散りばめます。例えば、会話の中でただ相づちを打つのではなく「わぁ、それって素晴らしいね!」などの褒め言葉を挟みながら、自然に会話を進めることができます。

(3)愛想が良い

ここでいう「愛想が良い」は、常に明るい気持ちでいて笑顔を絶やさない人ということではありません。たとえ自分がどんな気持ちであっても、他人に向ける言動に対して好印象を与えるように心掛けているということです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ