無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本当に必要な「常備食」は?おうち防災訓練で実感「備えて正解VSこれは失敗」正直レポート

グルメ

こんにちは、ヨムーノライターのソレールナです。

突然ですが、皆さんは防災グッズどのくらい揃えていますか?
地震や水害など日本各地で様々な天災が猛威を奮ったニュースが記憶に新しいですよね。

さらに未曾有のウイルス蔓延もおこり、スーパーに人が殺到するという誰もが予期しなかった事態が起こりました。

備えあれば憂いなし、今回は1日常備食だけで過ごしてみた感想、あったほうがいいなと思ったものやこれは他のものに変えた方がいいなと思ったものをお伝えしたいと思います!

1日の常備食スケジュール

本やインターネットなどで得た知識をもとに常備食を揃え1日で食べる物を揃えてみました。
その全てがこちら

家族4人分(うち2人は未就学児)の量です。

・水1.5L×4本
・パンの缶詰3つ
・ビスコ缶詰1つ
・野菜スープ3袋
・野菜ジュース4本
・即席味噌汁4袋
・アルファ米4袋
・パックご飯3つ
・レトルトカレー4袋

これらの食材を、3食+おやつに分けて食べることにしました。

まずは朝食

その1:パンの缶詰

口コミが良かったこのパンの缶詰をネット購入。6缶入で2,480円(税込)なので1缶あたり410円程と割高ではあるのですが、なんと5年の長期保存が可能。味はチョコ、プレーン、メープルの3種類です。

開けてみるとこんな感じです。
こぶしより一回り大きなサイズのパンがいい香りと共にでてきます。

これが缶詰とは思えないくらいふわふわで美味しい!

偏見かもしれませんが、缶詰のパンと言えば缶パン、固そうなイメージを勝手に抱いていたのであまりの美味しさにびっくりしました。味・食感はデニッシュと思っていただいて間違いないかと思います。

その2:野菜スープ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ