無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家中の収納に使える!無印良品の大人気「やわらかポリエチレンケース」活用術

安くて軽くて、メンテナンスしやすいと無印良品で最も売れている収納ケースが「やわらかポリエチレンケース」。使い勝手抜群なこの収納アイテムは、いろいろな場所で役立ちます。無印良品のインテリアアドバイザーにその活用術を教わりました。

インテリア

無印良品で最も売れてる収納ケースが「やわらかポリエチレンケース」。深さ違いの4タイプ(小・中・大、深型)をメインに、横幅が半分のハーフサイズ、珍しい丸型のケースなど全9種類を展開しています。人気の理由は

・490円~1,190円(税込)とお手頃な値段
・合成樹脂のポリエチレン素材だから軽くて丈夫
・角がなく柔らかいので危なくない
・取っ手があるので持ち運びしやすい
・水にも強くメンテナンスしやすい

とたくさんの魅力が詰まっています。

今回商品説明に合わせて収納のコツも教えて下さったのは「無印良品 銀座」インテリアアドバイザーの山口綾子さん。

「無印良品の収納ケースは、自宅の棚に比較的合わせやすいとの声をいただきますが、それは、日本家屋の尺から割り出した黄金サイズ37×26㎝をベースにしているから。この『やわらかポリエチレンケース』は、軽くて丈夫、出しっ放しにしておいても気にならない見た目のシンプルさ、値段も安いのでシリーズで揃えやすいところが魅力です。どの部屋で誰がどのように使うのか、片付けたいものは何か、収納を隠すか隠さないかなどを意識して収納環境を整えると、格段に暮らしやすくなります」(「無印良品 銀座」 インテリアアドバイザー山口綾子さん・以下同)

〈関連記事〉

開発担当に直撃!【無印良品】キッチン小物の名品BEST5

◆ @洗面所 ◆
いろんな色やデザインが入り乱れる洗面所は
色を統一した収納に隠せばスマートに

洗濯の汚れものを一時置きするとき便利な、深型タイプ1.190円も人気です。①掃除用具をまとめた中サイズ790円、②ストック品を入れているのは大サイズ990円(全て税込)

洗面台や洗濯機などは清潔感のある白が主流ですが、洗剤やタオルはとてもカラフルなものも多いですね。整理されていてもゴチャゴチャした印象になるのはそのせいもあります。「やわらかポリエチレンケースは、清潔感のある白色なので水回りの視界が一気に整います」。ここでの収納のコツは、使うもの同士でグルーピングすること。「洗剤などのストック品はひとまとめに。掃除グッズもそれだけでまとめましょう。収納スペースに空きがあっても詰め込みすぎると取り出しにくく、結果的に整理をしなくなるので収納には余裕を持たせておくことが大事」

◆ @キッチン ◆
食品ストックは、目視しやすく
すると、無駄な買いすぎも防げます

ガス台下のラックに中型のケースを9個並べて、簡易的な引き出し機能を追加。別売り1個290円(税込)のフタを取り付ければスタックすることも可能。

食品ストックは見えにくい場所に置くことが多いので、残量確認を怠りがち。「食品ストックを収納したケースには、あえてフタをつけずに目視を簡単にします。日常的にストックの量が目に入れば、買い忘れや買い過ぎの防止につながりますよ」。やわらかポリエチレンケースは、汚れたら固く絞った布巾でサッとふくときれいになるのもいいところです。

◆ @リビング ◆
よく使うものをグルーピングして
セットしておけば取り出しも整理も楽ちん

中サイズのケースには急須、カップ、茶托と茶葉3種類をセット。取っ手がついているのでそのまま移動できるのも便利。

リビングにはお菓子、文房具、最近では除菌スプレーやふきんなどの消毒セットも置いている家庭も増えています。「繰り返しになりますが、収納上手への近道は使うものをグルーピングして片付けること。例えば、急須と茶葉を何種類かまとめておけば、気分によってサッと飲み分けできます。オフィスにもおすすめしたい使い方です」。小サイズのケースには、こまごまとした文房具などをまとめて入れておくユーザーが多いそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ