無料の会員登録をすると
お気に入りができます

助手席にチャイルドシートをつけて子どもを乗せていいの?

子育て

子どもを車に同乗させる場合は6歳未満のお子さんはチャイルドシートの使用が道路交通法によって義務づけられていますよね。その際、チャイルドシートはどこに設置していますか? 後部座席にチャイルドシートを設置して同乗させるママは多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、チャイルドシートの設置場所についての投稿です。

後部座席に子どもを乗せたほうがいい理由とは?

『助手席は事故のときの危険率? が一番高いんじゃなかったかな。だから推奨はされてないよね。エアバッグとの兼ね合いもあるし』
『助手席にチャイルドシートは置かないようにとなっていると思うけれど。ただ単に助手席が危ないだけではなく、エアバッグの衝撃が子どもには危険だからだよね』
『チャイルドシートやジュニアシートが必要な月齢だとエアバッグが作動したときに内臓破裂などで死亡することがあるからでしょ』

なぜ子どもを助手席に乗せないほうがいいのか、その理由についてコメントをしてくれたママもいました。理由は助手席のエアバッグにあるようです。国土交通省の資料によると、エアバッグは大人の体型を前提に設計されおり、体の小さい子ども向きではなりません。ですから事故による衝撃の被害が軽減されるわけではなく、むしろ被害が大きくなることもあるようです。

エアバッグは大人の体型を前提に設計されおり、体の小さい子ども向きではなりません。ですから事故による衝撃の被害が軽減されるわけではなく、むしろ被害が大きくなることもあるようです

どうしても助手席にチャイルドシートを取り付ける場合は、前向きに取り付け、助手席の位置を一番後ろに下げ、エアーバッグの膨張に耐えられるようにするのが正しい装着とあります。

前向きに取り付け、助手席の位置を一番後ろに下げ

大切な子どもの命を守るためにも今一度チャイルドシートが正しく設置されているかを確認してみてはいかがでしょうか。そしてどうしても助手席に子どもを同乗させる場合はチャイルドシートの設置方法に問題がないか、またシートベルトの装着に問題ないかを確認し、安全運転をこころがけるよう夫婦で相談しておくのがよさそうですね。

(参考:国土交通省お子様を車に乗せる際の注意事項について)

文・安藤永遠 編集・山内ウェンディ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ