無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手作りPOPとSNSで心を掴む。「有隣堂 藤沢店」の人と本をつなぐ取り組み。

イラストが添えられたユニークなPOPやクスッと笑えるTwitterの投稿。書店員さんの人柄が見える販促がおもしろい、と話題になりはじめている、有隣堂 藤沢店さんにお話をうかがいました。緊急事態宣言を受けた臨時休業中も休まず行われていた、Twitterを活用した書籍紹介についてもお話いただいました。

カルチャー

「書店ディスプレイコンクール」にて

テーマとなる1冊の本を設定し、その書籍をイメージした店頭ディスプレイで入賞店を決める、「書店ディスプレイコンクール」。KADOKAWAさんが主催され、対象は店頭ディスプレイを手がける、全国各地の書店です。

今年の3月、『minneとものづくりと』で公開した、小説家・村田沙耶香さんの取材記事が縁となり、村田さんの最新作『丸の内魔法少女ミラクリーナ』を対象書籍とする書店ディスプレイコンクールの審査に、われわれ編集部も携わらせていただくこととなりました。
そして、その「minne賞」を受け取っていただいたのが、神奈川県の「有隣堂 藤沢店」さんです。

手作りのPOPはどれもユニークで、Twitterの運用がなんともおもしろい。
そんな「有隣堂 藤沢店」の髙橋さんに、今回、書店づくりのお話をうかがってみました。

店頭を彩るPOPたち

今回は『丸の内魔法少女ミラクリーナ』書店ディスプレイコンクールの受賞、おめでとうございます。「minne賞」をぜひ受け取っていただきたかったので。

髙橋さん: ありがとうございます。実際にあのディスプレイを手がけたのは、ほかの書店員なのですが、とてもたのしく取り組んでいたので受賞を聞いて喜んでいましたよ。

実際に使われたポップ

展開の規模はそれほど大きなものではありませんでしたが、書店員さんのやりとりが描かれたユニークなポップがとても魅力的でした。

髙橋さん: ありがとうございます。村田沙耶香さん作品の、キュートでお茶目で少し毒があるところを装飾とPOPで表現しました。

有隣堂 藤沢店さんは、店舗のいたるところに可愛らしい装飾とおすすめポイントや感想が添えられた、個性豊かなPOPが並んでいます。

わたし自身本屋にはよく足を運びますが、有隣堂 藤沢店さんは特にPOPをたくさん活用されている印象がありました。

髙橋さん: たしかにそうですね。なかでも『丸の内魔法少女ミラクリーナ』のディスプレイを担当した、文芸書担当・佐伯は、POPマイスターとしてお客さまにおすすめしたい商品をイラスト入りでPOPに表現し量産し続けているんです。

イラストのほっこりさも魅力のひとつですが、店員さんの推しポイントがわかりやすく、本選びがたのしくなりそうですね。POPを見ると、書店員さんと直接会話しているような気持ちになりました。

髙橋さん: 各売り場担当者が自由にPOPを作成しているので、書籍のコーナーによって全くカラーが違うんです。ぜひご来店の際にはPOPにも注目していただけるとうれしいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ