無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性に聞いた「疲れているとき、彼女に勘弁してほしいこと」

恋愛・結婚

忙しいときって、心に余裕がなくなるもの。そんな状態の男性に、どうやって接したらいいか迷うこともありますよね。

それをグチったら彼女が『家が汚いから気が散るんだよ』『デスクトップにSNSとか、遊び関係のアイコン出さないほうがいいよ』とか説教してきてむかつきました」(27歳・男性)

男性に悩みを話して、解決策を出されてムカついた経験のある女子も多いと思いますが、逆パターンもあります。

とくに仕事関係は、男性のグチにアドバイスすると「説教」と受け取られることも……

「お前に何がわかる」と、心を閉ざしてしまうかも。

自分のやりたいことを優先する

「彼女に、疲れているから家でゆっくりしたいと言ったら『外に出ることでリフレッシュされる疲れもあるんだよ。前から鎌倉に行きたいって言ってたでしょ。行こうよ』だって……。

変な理屈で自分の希望を優先するのって思いやりゼロですよね」(30歳・男性)

そもそも男性が、カッコよく見られたいはずの彼女に「疲れた」と言うことは、本気のお疲れサインであることも。

そんな時に自分の希望優先でヘリクツを繰り出す姿は「優しくない」と彼の心を冷ますことにもなりかねません。

悪気なく、このケースのようなことを思っている場合もありますが、彼が「家にいたい」と言うのなら、素直に従ってあげるべきと言えます。

放っておくのも愛

どのケースも、彼女としては思いやりのつもりだったり、寂しさのからの行動なのですが、男性にとっては「今そんなこと言うなよ!」といらっとすることも。

疲れた彼に無理をさせ、結果冷たくされるくらいなら、放っておくのも愛情かもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ