無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「弊社」は社内の人に使ってもOK?

ライフスタイル

社外の人に対して、自分の会社を「弊社」と表現することは知っていますよね。「弊社」の他にも、「当社」「自社」など、自分の会社を指す表現は複数あります。今回はそんな「弊社」とその他の表現の使い分けについて、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

例文:社内の課内会議で発言する時

・「自社の採用登録サイトのアクセスが、先週は100件を超えました」

「わが社」は役職者が社内で用いる

「当社」「自社」と同じように謙遜の意味はありませんが、自分(=我)が所属しているという意味が強い表現です。

一般的には役職の上の方が社内の人に使う言葉で、若手社員が使うのは不自然とされるため、注意が必要です。

例文:上司から部下に社の特性を説明する時

・「わが社の強みは、開発力の高さにある」

「小社」は社外の人に用いる

「小社」は、自分の勤めている会社をへりくだって表現する言葉で、社外の人に使います。

「小社」は「商社」と聞き間違いやすいので、主に書き言葉として用いられます。

例文:書面で相手に請求書の送付を依頼する時

・「お手数ですが、請求書は小社経理担当○○宛にご送付をお願いいたします」

「私ども」は企業対個人の場合に用いる

「私ども」は、企業対個人の場合の話し言葉として使われます。親近感を与えるとして好んで使う方も多い表現です。

社内の結束が固いようなイメージを与える時にも有効です。

例文:顧客に対して最善を尽くす決意を知らせる時

・「私どもといたしましても、最善を尽くしたいと思っております」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ