無料の会員登録をすると
お気に入りができます

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?

普段使用することの多い「御中」と「様」という敬称。2つの使い分けを、きちんと理解できていますか? 今回はそんな「御中」「様」の使い分けについて、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

ライフスタイル

私たちは他の企業や郵便物、メールを送る時、当然のように「御中」という宛名を使っていますが、正しい使い方をしている自信はありますか?

今回は、「御中」の意味や使い方のポイントを紹介します。自信を持って宛名書きに臨めるようにしましょう。

「御中」という言葉の意味

「御中」の「御」には、「御住所」「御名前」などに使われているように、相手への尊敬を表す意味があります。

それに内側を表す「中」と合わせて「御中」にすると、「相手の所属する組織内の人宛て」という敬称になります。

ですので、「御中」の敬称を付けずに会社名や部署名宛てのみで郵送すると、相手を呼び捨てにしていることになり失礼になります。

自分の会社への信用まで失いかねませんので注意しましょう。

「御中」の使い方・注意点

ここでは、「御中」の正しい使い方と、間違った使い方を紹介します。

正しい「御中」の使い方

「御中」は宛名が会社・学校・病院・役所など組織や団体の場合に使う敬称ですので、個人宛てで、担当者名が分かっている場合には「○○様」、分からない場合には「ご担当者様」を使います。

つまり、宛先が個人名以外の場合に「御中」を使うということです。

《例》

・「○○株式会社 御中」

・「○○株式会社 ○○部 御中」

・「○○株式会社 ○○部 ○○課 御中」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ