無料の会員登録をすると
お気に入りができます

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?

ライフスタイル

普段使用することの多い「御中」と「様」という敬称。2つの使い分けを、きちんと理解できていますか? 今回はそんな「御中」「様」の使い分けについて、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

《例》

・間違った使い方:「○○先生様」

⇒正しい使い方:「○○先生」

「気付」は個人の立ち寄り先宛てに付ける

出張先の会社やホテルに宛てて書類などを送る時に使用します。

宛先の社名の下には、「御中」の代わりに「気付」と書き、改行して送付相手の出張中の同僚や上司の名前を書きます。

自分宛に送る場合には、「様」でなく「行」になります。

また、祝電や弔電を送る場合も同様です。

《例》

・間違った使い方:「株式会社○○ 総務部 御中 △△社○○行」

⇒正しい使い方:「株式会社○○ 総務部 気付
○○様」

封筒・ハガキへ宛名書きをする上でのポイント

公私問わず、封筒やハガキへ宛名書きをする機会もあると思います。

ここでは、そんな時のポイントについて紹介していきます。

宛名書きの際は文字の大きさをそろえる

「御中」は、宛先が組織や団体の場合に使う敬称で、初めて連絡する時や担当者名が分からない場合、「○○株式会社 御中」 「株式会社○○ 総務部 御中」などと記載します。

また、封筒に宛名書きする際、縦書きする時もあれば、横書きの時もありますが、「御中」はどちらの場合にも使うことができます。

縦書きの場合には、社名や部署名、係名の下に半角程度の余白を空けて「御中」と書きます。横書きの場合にも同様に、少し余白を空けて「御中」と書くようにします。

「御中」は敬意を込めた宛名なので、(文字の大きさも)宛名の部署名などと同じ文字の大きさにすることもポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ