無料の会員登録をすると
お気に入りができます

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?

ライフスタイル

普段使用することの多い「御中」と「様」という敬称。2つの使い分けを、きちんと理解できていますか? 今回はそんな「御中」「様」の使い分けについて、ビジネスコミュニケーション指導に従事する大部美知子さんに解説してもらいました。

間違った「御中」の使い方

次に、間違った「御中」の使い方を例とともに紹介していきます。

敬称を間違える

《例》

・間違った使い方:「□□株式会社 様」

⇒正しい使い方:「□□株式会社 御中」、「□□株式会社 人事部 御中」

株式会社は組織ですから、「様」ではなく「御中」を使用します。

二重敬語にする

《例》

・間違った使い方:「○○株式会社御中 人事部長殿」

⇒正しい使い方:「○○株式会社 人事部長 殿」

1つの宛先に対して、「御中」と「様(殿)」を重複して使用せず、最後の宛名に適切な敬称を付けます。

担当者が分かっているのに「御中」を使う

《例》

・間違った使い方:「株式会社○○ 総務部 御中」

⇒正しい使い方:「株式会社○○ 総務部 経理担当 ○○様」

「御中」は初めて連絡する時や担当者が分からない場合、会社や部署単位宛ての場合での敬称ですので、担当者が分かっている場合には名前に「様」をつけて個人宛てにします。

「御中」以外の敬称の違い

「御中」以外にも、「様」「殿」「各位」などの敬称がありますが、混同しがちですのでその違いをまとめてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ