無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話題になった映画「キミスイ」は原作小説と違う?週末に観たい“小説原作”の作品を3本ご紹介します♡

エンタメ

8月28日に公開された映画『青くて痛くて脆い』は、住野よるさんによる小説がもとになった作品。住野よるさんといえばデビュー作の『君の膵臓をたべたい』が有名ですが、こちらも映画化され大ヒットとなりました。

このように小説が原作の映画も多く、話題になる作品もたくさん生まれているんです。今回は小説が原作の作品をご紹介します♩

植物図鑑 運命の恋、ひろいました

illustration by Sachiyo

仕事もプライベートも行き詰まっているOLさやか(高畑充希)が帰宅すると、マンションの前で倒れている男・樹(岩田剛典)を見つけ、自室に招き入れてしまう。部屋に居つくことになった樹は料理上手で、家事全般を担当することを条件に奇妙な同居生活が始まる。草花に詳しく野草を使った料理を作ってくれる彼との日々は楽しく、さやかは次第に惹(ひ)かれていくが……。(シネマトゥデイより)

この作品の原作は、有川浩さんの『植物図鑑』。有川さんの作品といえば、『図書館戦争』や『空飛ぶ広報室』なども映画化されたため、聞いたことがある人も多いかと思います。女性ならではの柔らかい文調で、かといってくどく感じさせない、爽やかで読みやすい文章が特徴です。

パッとしない生活を送る主人公・さやかが、偶然出会った男・樹(いつき)と共同生活を始め、植物や料理を通して関係を変化させていくストーリー。大きな事件やハプニングが起こるような作品ではなく、何気ない日常の大切さに気づかせてくれる1本です。

作品ではたくさんの植物がピックアップされており、中には「それ、今まで雑草だと思っていた…」というものまで。しかし、樹に言わせれば「この世に雑草という草はない。全ての草には名前がある」のだそうで、彼はどんな植物もおいしい料理に変えてしまうんです。こんな彼が一家に一台(人)ほしい…と、思わず思っちゃいます。

小説には植物の写真のページが付いていて、まるで本当の植物図鑑のよう。幼い頃に見たことがある植物も、きっとあるはずです。どんな味がするんだろう?と想像しながら読むのも楽しいですし、実際に料理に使ってみるのもよさそうですね♡

Amazon Prime
TSUTAYA TV
Hulu

アイネクライネナハトムジーク

マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は、劇的な出会いをひたすら待っている。ある日、仙台駅前で街頭アンケートを取っていると、多くの人が立ち止まってくれない中で1人の女性(多部未華子)が快く応じてくれた。佐藤は、親友の「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」という言葉を思い出す。(シネマトゥデイより)

伊坂幸太郎さんの連作短編集『アイネクライネナハトムジーク』をもとに製作された作品。監督は『愛がなんだ』のメガホンをとった今泉力哉さんが務めています。不思議なタイトルですが、モーツァルトが作曲した曲名であり、ドイツ語で「小さな夜の音楽」を意味するそうです。

「いつか劇的な出会いがあるはず…」と受け身な主人公の三浦春馬さん演じる佐藤と、多部未華子さん演じる紗季がとある日の夜に出会い、付き合うことに。それから10年の付き合いを経て佐藤が意を決してプロポーズをしますが、紗季は即答せずに答えを先延ばしにしてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ