無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オフィスでも、プライベートでも大活躍! さわやか系フレグランスで好感度アップ

夏へ向かって蒸し暑くなっていく時季。通勤電車や歩いているだけでも、汗をかき、ニオイも気になりますよね。こんなときこそフレグランスの出番。初夏にふさわしい香りを味方につけて、ムシムシ気分にさようならしましょう。

2017年5月
メイク

フレグランスを上手に使っていますか?

instagram.com

ファッションやメイクのように、季節や気分、場所などに合わせて楽しみたいフレグランスのおしゃれ。自分の好きな香りをまとうと、それだけで気分がアップしますよね。それに、香りは他人からの印象も大きく左右するんです。

季節によって香りの選び方、つけ方は変わる

でも、フレグランスは選び方やつけ方によっては「くさい…」と思われて、好感度を上げるつもりが、逆効果になってしまう場合も。日本の夏はとくに気温、湿度が高いため、強く香りすぎたり、汗のニオイと混じったりと失敗も多くなりがちです。

Illustration:Naoko Yoshida

気温、湿度の高い時季は、いつもより使う量を控えめに。ウエストより下の位置につけ、さりげなく香らせるのが正解です。おすすめポイントはウエストの脇や膝の内側、足首など。肌から15cmくらい離し、ミスト状に広い面でまとうようにします。

汗をかきやすい部位にはつけない

さらに気をつけたいのは、汗のニオイと混じること。フレグレランスは制汗剤ではないので、脇などの汗のかきやすい場所につけるのはNGです。汗をかきやすい部位には無香料の制汗剤を使用し、香りが混じらないようにしましょう。

そして、フレグランスに含まれる香料やアルコールなどが、紫外線によって刺激になる場合もあります。ノースリーブなど、肌を出す服を着るときは、日光の当たりやすい場所には、フレグランスを使わないようにしましょう。

清潔感と爽快感のある香りで好感度アップ

Photos:Toshuyuki Furuya

では、初夏におすすめのフレグランスをご紹介。蒸し暑さから不快になりやすい季節なので、清潔感とさわやかさを感じる香りで好感度をアップしましょう。香り立ちが軽やかなオードトワレ、全身に使えるオーデコロンを選ぶのも正解。

さわやかに、初夏の昼下がりへと誘う

ランコム オー ドゥ オランジェリー

¥ 7,000

フレッシュなオレンジブロッサムとフェミニンなジャスミンが、やわらかく香り、みずみずしい印象を作ります。上品なさわやかさで、オフィスにもおすすめの香り。 50ml

商品詳細
ランコム オー ドゥ オランジェリー
www.lancome.jp
商品詳細

つけた瞬間、自分も周囲も笑顔になる!

クリニーク ハッピー

¥ 4,800

みずみずしいシトラス フローラル。名前の通り、明るくハッピーになれる香りです。気分をリフレッシュしたいときにもぴったり。誰からも愛される香りで、オフィスからデートまで、幅広いシーンに活躍します。30ml

商品詳細
クリニーク ハッピー
www.clinique.jp
商品詳細

パワフルなニューヨークの街のイメージ

ケイト・スペード ニューヨーク ウォークオンエアー

¥ 7,300

繊細なスズランの香りを中心に、スプリングリンデンブロッサム(菩提樹の花)などが香る、洗練されたホワイトフローラル。ニューヨークの街のように、さわやかに気持ちを高め、活力を与えてくれる香りです。30ml

商品詳細
ケイト・スペード ニューヨーク ウォークオンエアー
shop.kawabe.co.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ