無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これはおいしそうすぎて罪なレベル…。思わずお腹がすいちゃう飯テロ注意な「グルメ映画」をご紹介します♡

エンタメ

今回ご紹介するのは、観ているだけでお腹がすいてきたり、思わずよだれが出てしまいそうなほど魅力的な料理やスイーツが出てくる映画。

食の楽しさを教えてくれるグルメ映画の中には話題になった作品も多く、たくさんの人を虜にしています。

観ているあいだにお腹がすいてしまうこと間違いなしなので、夜中に観るのは避けてくださいね♩

ショコラ

illustration by Sachiyo

冬のある日、伝統が深く根づく村に謎めいた女性ヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が娘を連れてやって来た。母娘は教会のそばに魅惑的なチョコレート店を開き、村人を虜にする。村の指導者レノ伯爵はその事実に愕然とし、彼女を追放しようと画策する。(シネマトゥデイより)

一口食べるだけで、幸せな気持ちになるあま〜いチョコレート。気持ちを沈めてくれたり、充実感に満たされたりと不思議な魅力がありますよね。『ショコラ』の主人公は、閉鎖的な村に引っ越してきてチョコレート店を新たにオープン。絶品のチョコレートを作りながら村の人々と触れ合い、徐々に周りの人の心を開いていきます。

目の前にチョコレートがあるわけではないのに、観ているうちに不思議と甘い匂いが漂ってきそうなほど、劇中で描かれるチョコレートがとってもおいしそう。閉鎖的だった村の人が一口チョコレートを食べて、思わず頬が緩んでしまうシーンがたまりません♡

そしてこの映画のおすすめポイントの一つが、約20年前のジョニー・デップ。大人の色気がある今の彼も素敵ですが、この映画で観るジョニーは珍しく特殊メイクを一切していないため、素の美しい姿を堪能できますよ。

全体的に淡い色のカラーで、どこか大人な雰囲気が漂う作品。ぜひチョコレートを片手に、鑑賞してみてくださいね♡

TSUTAYA TV

幸せのレシピ

illustration by Sachiyo

マンハッタンの高級レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、ある日、姉を交通事故で失い、残されためいのゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることに。一方、仕事場には、ケイトとは正反対の性格の陽気な副料理長ニック(アーロン・エッカート)が新たに雇われる。(シネマトゥデイより)

『幸せのレシピ』は、高級レストランの料理長・ケイトと姉の娘・ゾーイ、そして副料理長・ニックの3人を中心にストーリーが展開する作品。劇中で振舞われる料理は、どれもとびっきりおいしそう…そして作っている過程も芸術的なんです。

どんなに性格が合わない2人でも、たとえ落ち込んでいたとしても、おいしい料理を食べると全て吹き飛んでしまう。そんな料理が持つ不思議な力や、人に与える良い影響について改めて考えさせられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ