無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週末は、ちょっと冒険へ♪東京近郊なのに自然がいっぱい!冒険家気分が味わえる穴場スポット3選

そろそろプチ旅行に行きたくてウズウズしはじめた諸君!週末は冒険家気分が味わえる観光スポットに行って、リフレッシュしませんか?東京近郊なのに自然がいっぱい満喫できるおすすめスポットをご紹介します♪

旅行・おでかけ

【千葉県】ハート型の光が見られる「濃溝の滝」はお彼岸の今だけ!

提供:千葉県君津市

まるでジブリ映画のような神秘的なスポットとSNSで話題になった「濃溝の滝(のうみぞのたき)」は、千葉県君津市の「清水渓流広場」の駐車場から心地のよい緑の森を抜けて500mほど歩いた場所にあります。

途中、どんぐりを拾っていたら蛇とも出会う…話題になるまでは、まさに秘境?!とも言える場所だったのだそう。

提供:千葉県君津市

目の前に広がるのは、絵画のような世界!美しい緑と、透明度の高い滝が流れ落ちる、こちらが「濃溝の滝」です。もともとはっきりとした名前はなくて、地元の人から「亀岩の洞窟」とも「川廻しのトンネル」とも呼ばれていて、実は江戸時代に人工的に掘られたものなのだとか。

ひょっこりトトロが現れてもおかしくない神秘的な雰囲気です!

提供:千葉県君津市

今や恋愛スポットとしても注目されるのがこちら。 頭を右に傾けて見てみると…洞窟の奥から差し込む光が水面に反射して、ハート型をしています!

このうっとりするほど綺麗なハート型の光が見られるのは、3月と9月のお彼岸時期。早朝6時30分~7時30分の1時間程度とのこと。早起きしてでも見に行きたいフォトジェニックな光景ですよね。

もちろんレアな光が撮影できなくても大丈夫。「濃溝の滝」周辺は、春は新緑、夏はホタル、秋は紅葉、そして冬は雪景色も綺麗な一年を通して風光明媚な場所です。滝の近くはぬかるんだ場所があるので、ぜひ歩きやすい靴でおでかけください。週末は、トトロに会いに冒険してみてはいかが?

■濃溝の滝
住所:千葉県君津市笹地先
TEL:0439-56-2115(君津市観光協会)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
料金:見学自由
アクセス:JR上総亀山駅→車で10分

【神奈川県】東京湾に浮かぶ唯一の無人島「猿島」で要塞探検!

都心から1時間ほどで行ける周囲約1.6kmの無人島「猿島(さるしま)」はかつて旧陸・海軍の要塞でした。

長年立ち入りが制限されていたため、手つかずの自然や砲台跡などの歴史遺産が、今もほぼそのままの姿で残っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ