無料の会員登録をすると
お気に入りができます

髪質とボリュームを改善するアーユルヴェーダ式7つのヘアケア法

何千人もの健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏。強さと健康を維持するために心がけるべきことについて教えてくれました。

ヘアスタイル

髪のためにできる最も重要なことは「消化を改善すること」

ドーシャ

ヴァータ・ドーシャ(空・風)タイプの髪は、細く、くせ毛やもつれたり傷みやすく、髪の量も少ない傾向があります。

ドーシャ

ピッタ・ドーシャ(火・水)タイプの髪は、ウェーブのかったくせ毛、通常茶色または赤みがかっていて、髪の量は中程度です。

ドーシャ

カパ・ドーシャ(水・地)タイプの髪は、太くてまっすぐで、髪の量が多いです。

ドーシャ

持って生まれたあるがままのあなたの髪に感謝しましょう。自分の髪に不満を抱いたり、それを変えたりしようとする気持ちを手放します。自分の本来の姿に逆らうのではなく、そのままの自分の本質に働きかけることで、あなたの人生に調和をもたらすでしょう。

髪質とボリュームを改善する、アーユルヴェーダ式7つのヘアケア法

1.ロングヘアの場合は、夜寝る時に髪を三つ編みにして寝ます。これはあなたの髪が痛まないように保護し、エネルギーを閉じ込めることにつながります(髪は神経系の一部です!)。

2.髪を洗うのは、ぬるま湯で3日に1度にしましょう。そうすることで、髪と頭皮は健康な水分量を維持できます。髪にダメージを与えるので、極端に熱すぎるお湯で洗うのは避けてください。ぬるま湯がベストです。シャンプーする時に、頭皮は優しくゴシゴシ洗い過ぎないようにしましょう。

これまで毎日髪を洗ってた場合、新しい習慣を身につけるまで少し時間がかかるでしょう。汗をかいたり、海やプールで定期的に泳ぐ場合は、髪をもっと頻繁に洗う必要があるかもしれません。時には、何も付けずに湯シャンするのも良いでしょう。これは、全ての髪のタイプに適しています。

3.頭皮と髪に少なくとも毎週1回、太白ごま油、または体質や季節に応じて適切な薬用ハーブ入りのオイルを塗ってください。

ヴァータ・タイプの髪には、太白ごま油、ブリンガラジオイルを使用します。
ピッタタイプの髪には、ココナッツオイルまたはブリンガラジオイルを使用してください。
カパタイプの髪には太白ごま油が良いでしょう。

すべての髪のタイプに髪が乾燥しがちな時には、ココナッツオイルを髪の毛先のみにつけると効果的です。ブリンガラジオイルは、髪の成長と一般的な健康をサポートするのに最適です。

4.ニームまたはサンダルウッドの広い歯の櫛などで、髪と頭皮を毎日とかすか優しくブラッシングします。毛根を弱め、髪の毛を傷める可能性があるので、髪を強く掻きむしったり、強い力を加えたり、引っ張ったりしないでください。菜園の植物のように優しく丁寧に扱ってください。これは、すべての髪のタイプに適しています。

5. 太陽が当たるところでは、頭頂と髪の毛を覆って、髪の乾燥や毛包を傷つけないようにします。帽子を被ってピッタ・ドーシャの悪化を防ぎましょう。

ドーシャ

6.化学薬品が含まれるものは、髪に使用しないようにします。皮膚は五感の器官の1つなので、口に入れないものは頭皮にもつけないでください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ