無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印の衣装ケース特集!豊富なサイズ展開でクローゼット収納にもおすすめ!

インテリア

無印の衣装ケースは万能収納

おうちの収納に無印の衣装ケースが大人気!無印の「ポリプロピレン収納ケース」は、服はもちろん雑貨や食品など、様々な収納に使えるおすすめの衣装ケースです。

無印らしく、白色やクリアカラーで使いやすい引き出し式収納ケース。様々なサイズが取り揃えてあるため、クローゼットや押入れなど場所に合わせて選べます。無印の衣装ケースの使い方を、実例を交えながら紹介します。

目次

無印の衣装ケースおすすめ使用例〈服〉

底面に無印の衣装ケースを敷き詰めて

一戸建てや広さのある賃貸住宅では、衣装専用のスペースを作っている人もいるかと思います。

衣装部屋では、無印の衣装ケースを底面に敷き詰めるのがおすすめの使い方。

下の方に置くことで、中身をぎっしり詰め込んでもへこむ心配がありません。

ポリプロピレンは木の棚と組み合わせても、違和感のない衣装ケースです。スペースがあるので、同じサイズの引き出しを並べるとスッキリします。

無印の衣装ケースはたっぷり収納できる

無印の衣装ケースはおしゃれな見た目も去ることながら、たっぷりと収納できる実用性も魅力です。

丈夫なポリプロピレンなので引き出しにぎっしり詰めても大丈夫。マフラーやTシャツなど薄手の服であれば、二列に縦に並べるのがおすすめです。

くるくると巻くことでパーカーなど厚手の服も収納できますよ。十分な奥行きがあるので引き出しの中でごちゃごちゃしません。

無印の衣装ケースは積み重ねて使える

無印の衣装ケースは上部に溝が掘ってあり、ぴったりと積み重ねられます。クローゼットや押入の収納量がグッと増えますよ。

引き出しになっているので、たくさん積み重ねても中のものが取り出しやすいです。同じ色の衣装ケースを並べると綺麗に見えるのでおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ