無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らしでも色んなレイアウトが楽しめる♪すっきり見えるレイアウト実例

インテリア

一人暮らしでも空間を最大限に活用できる♪

一人暮らしのお部屋は部屋の広さが限られているので、家具のレイアウトも悩んでしまいますよね。

そこで今回はワンルームでも空間を最大限に活用されている方のレイアウト実例を紹介させていただきます。家具をどのように配置しているのか参考にしてみてくださいね。

すっきり見えるレイアウト実例

ベッドは壁側に寄せる

大きなベッドは壁にぺたっとくっつけて圧迫感を出さずにレイアウトするのがおすすめです。

ベッドフレームがないだけでもすっきり見せられるので、家具で圧迫感を与えてしまうのはもったいないですね。

テレビを角に配置する

テレビは意外と場所を取りますし存在感のある家具なので角に持ってくるとすっきりして見えますね。

コーナー用のテレビボードなども販売されているので、圧迫感を与えないようなコンパクトなテレビボードがおすすめです。

奥に大きな家具を持ってくる

このように縦長の間取りになっている場合、部屋に入って一番奥にベッドや背の高い家具を置くのがおすすめです。

手前側に置いてしまうと、どうしても圧迫感を感じてしまいます。縦長のお部屋は大きな家具を奥に置きましょう!

1つ前の写真と同じお部屋なのですが、ソファの位置が微妙に変わっていますね。

ソファを壁に寄せて配置するのもいいですが、コンパクトなソファならこのように位置を変えて模様替えすることもできます。

一人暮らしのお部屋の場合、あまり大きな家具を買わない方が空間を広く使えるのでおすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ